旧約聖書を学ぶ人のために

  • 21人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 並木 浩一  荒井 章三 
  • 世界思想社 (2012年1月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784790715566

旧約聖書を学ぶ人のためにの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 世界でおそらく一番普及している本の入門書。

    ブログはこちら。
    http://blog.livedoor.jp/oda1979/archives/4157230.html

  • 【レビュー】
    旧約聖書に対する理解を容易に深めてくれる一冊。本書の顕著な点の一つは、最終章にある文献リストである。
    【特記事項】
    ・荒井章三の私見によれば、文書資料説の根拠となっているモーセ五書内の記述の重複はタルムードにもあり、ユダヤ的な記述方法ではないか。
    ・14~15世紀にドイツのバイエルン地方やオーストリアで広く流布したと言われている「貧者の聖書」という写本群では、予型論的解釈が貫かれている。たとえば、怪力サムソンが真夜中に立ちあがって青銅の門を運んで行ったのは、キリストの復活を予型している、としている。
    ・聖書ヘブライ語は、ライオンについて6種類の単語を使い分けている。
    ・創世記2:5,15の「耕す」には「仕える」という意味がある。
    ・神名ヤハウェは使役形ではない。
    ・イスラエルにおいては一時期、ヤハウェの配偶女神がアシェラとされていた。
    ・ベオルの子バラムの存在はヨルダン川東岸の遺跡デイル・アッラーではっけんされたアラム語碑文によって確証された。
    ・provideは、ラテン語をみていくと、先を見る、という意味で、神が先を見て、備えてくださる、ということになった。
    ・詩編は「賛美」といっても嘆きの歌も多い。しかしそうではあっても嘆きから賛美に変わるパターンが多い。
    ・十戒で「あなたは・・してはならない」は原語の意味を汲むなら「あなたが・・することはありえないのだ」という意味。
    ・「旧約聖書の本文研究」
    ・「ヘブライ語聖書への手引き」
    ・ATD旧約聖書注解
    ・アメリカのインタープリテーションが「現代聖書注解」となって邦語になっている。
    ・「ハーパー聖書注解」

全2件中 1 - 2件を表示

旧約聖書を学ぶ人のためにを本棚に「読みたい」で登録しているひと

旧約聖書を学ぶ人のためにを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

旧約聖書を学ぶ人のためにを本棚に「積読」で登録しているひと

旧約聖書を学ぶ人のためにの作品紹介

古代イスラエルの人々が神と世界、民族、人間について内省しつつ長い年月をかけて執筆した旧約聖書。その特色ある歴史観、律法、詩文、預言などの中心的メッセージをテーマ別に掘り下げて明快に解説する。旧約学研究の現在をも紹介するユニークな入門書。

旧約聖書を学ぶ人のためにはこんな本です

ツイートする