ニュース空間の社会学―不安と危機をめぐる現代メディア論

  • 13人登録
  • 2.25評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
  • 2レビュー
制作 : 伊藤 守  岡井 崇之 
  • 世界思想社 (2015年2月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784790716518

ニュース空間の社会学―不安と危機をめぐる現代メディア論の感想・レビュー・書評

  • この本は、昨今の象徴的なニュースを取り上げ、11人の著者がそれに深い考察を加えることで、メディアの「今」の諸問題に触れていくスタイルを取っている。
    特に、「個人」主体のニュースサイトの登場により、既存のメディアが変化せざるを得ない状況を感じ取る事ができる。

    また、ニュースは報道されない時間・社会的な広がりを、実際には持っている。しかしそれが意図的にではないにせよ隠されてしまう事で、当事者とメディアも含めた受け手に食い違いが生じてしまう事に怖さを感じた。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、3階開架 請求記号:070.14//I89

全2件中 1 - 2件を表示

ニュース空間の社会学―不安と危機をめぐる現代メディア論を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ニュース空間の社会学―不安と危機をめぐる現代メディア論を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ニュース空間の社会学―不安と危機をめぐる現代メディア論を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ニュース空間の社会学―不安と危機をめぐる現代メディア論の作品紹介

モバイルメディアの発達により遍在化・断片化するニュースが、様々な「危機」を伝えるたびに、私たちは漠然とした「不安」を抱く。世界的な経済危機や3.11を経て、今、メディアと私たちの関係はどうなっているのか。

ニュース空間の社会学―不安と危機をめぐる現代メディア論はこんな本です

ツイートする