死にゆく過程を生きる―終末期がん患者の経験の社会学

  • 17人登録
  • 5.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 田代志門
  • 世界思想社 (2016年2月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784790716785

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーヴン ワ...
中島 京子
西 加奈子
高野 和明
恩田 陸
リンダ グラット...
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

死にゆく過程を生きる―終末期がん患者の経験の社会学の感想・レビュー・書評

全6件中 1 - 6件を表示

死にゆく過程を生きる―終末期がん患者の経験の社会学の作品紹介

これまでの生と向き合い、これからの生を選び取る。告知、療養環境の選択、何かを遺すこと-在宅緩和ケアを受け、自宅で最期を迎えたがん患者たちの語りから、「日常」と地続きにある「死にゆく過程の生」を描き出す。

死にゆく過程を生きる―終末期がん患者の経験の社会学はこんな本です

ツイートする