二十一世紀の若者論―あいまいな不安を生きる

  • 11人登録
  • 1レビュー
制作 : 小谷 敏 
  • 世界思想社 (2017年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784790716938

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印

二十一世紀の若者論―あいまいな不安を生きるの感想・レビュー・書評

  • 若者全てを総じて論じることは無理な訳で、結局若者論というのは、どこを抜き出して、それをどう表現するかという芸人のような世界。特に地方からみると巷の若者論と実態のギャップを強く感じるところでこれを元に物事をあれこれ考えるのは凄く危険ということを分からせてくれる。

全1件中 1 - 1件を表示

二十一世紀の若者論―あいまいな不安を生きるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

二十一世紀の若者論―あいまいな不安を生きるの作品紹介

若者論は終わらない!?イデオロギー対立と経済発展が終焉した21世紀。若者たちはどう語られてきたのか。大人たちの偏見にさらされ、生きづらさを抱えて浮遊する若者たちの姿を、言説の分析を通して浮かび上がらせる。メタ社会学的冒険の書。

ツイートする