ユリイカ 2016年12月臨時増刊号 総特集◎『シン・ゴジラ』とはなにか

  • 67人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 青土社 (2016年11月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791703180

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

ユリイカ 2016年12月臨時増刊号 総特集◎『シン・ゴジラ』とはなにかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シン・ゴジラをネタに文化人があれやこれやと論じた内容のまとめ。真剣なもの茶化したようなもの色々。ジ・アート・オブが出てしまった後では見当外れになってしまったものもいくつか。
    池田氏の論文内にあるように世代で評価軸が決まってしまっており重複感ある論も多い。その辺りをクロスオーバーで語らせることができればもっと幅が出て面白かったかな。

  • シン・ゴジラの論評としては最も充実している。
    この映画が何を表現しようとしているのか。
    当然原発や安全保障体制なども入ってくるだろう。
    しかし、この本にも書かれているが、これを安倍首相は、自衛隊の活躍と、日本政府・官僚が日本の危機を救うという、まるで自身を賛美されたかのような発言をしていることには、腰を抜かしそうになる。
    どこをどう見たらその様な発想になるのだろうか。
    実際映画では自衛隊は損害こそ目立たなかったものの(これは撮影協力が自衛隊ということで撃墜されるとかのシーンは入れられないからとのこと)、対ゴジラ戦では全く無力であったし、かろうじて損害を与えた米軍の攻撃部隊は壊滅した。政権は何の成果も出せないまま崩壊する。
    これを自衛隊が良く描かれているとして、自衛隊幹部が並ぶ前で得意気にしゃべったそうだから、幹部も苦笑するしかなかっただろう。

  • シン・ゴジラという作品について、様々な視点・立場からの
    論説をまとめた本。こういう本が成立するくらいの作品では
    あったということであろう。

    以下、個人的に引っかかった論点
    ・エヴァとゴジラの1作目と3.11のMADでしかない
    ・内閣のメンバーが一気に死んでから後の『ニッポン』は
     理想的な虚構である
    ・天皇の不在
    ・対話の欠除
    ・登場人物の擬人化

全3件中 1 - 3件を表示

ユリイカ 2016年12月臨時増刊号 総特集◎『シン・ゴジラ』とはなにかを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ユリイカ 2016年12月臨時増刊号 総特集◎『シン・ゴジラ』とはなにかはこんな本です

ユリイカ 2016年12月臨時増刊号 総特集◎『シン・ゴジラ』とはなにかのKindle版

ツイートする