現代思想 2015年10月号 特集=LGBT 日本と世界のリアル

  • 43人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 青土社 (2015年9月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791713073

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
東小雪+増原裕子
遠藤 周作
中村 明日美子
三浦 しをん
西 加奈子
有効な右矢印 無効な右矢印

現代思想 2015年10月号 特集=LGBT 日本と世界のリアルの感想・レビュー・書評

  • 知らなかった裏がわかったものもあって、表だけみて、判断してたらいかんなと、
    深い考察もきちんと読んで、
    当事者側の発言はもちろん、いろんな立場の人の意見を読もうと思った。

  • 借りたもの。
    LGBT(性的マイノリティ)を取り巻く社会運動の現状と法律についてまとめたもの。
    渋谷区の同性パートナーシップ条例施行に伴う特集。

    東小雪さんをはじめとする、LGBTの活動家の対談や、1960~現代までのLGBTに関する活動や思想・理論の変容、政治利用まで、多様な切り口でLGBTを紐解いている。

    LGBTが個人のアイデンティティではなく性的嗜好(色モノ)と見なされている風潮、性に寛容と言いながら区別することで生まれている差別意識、LGBTを見る当事者外からの目線には男女差別的な視野があることなど、細かい問題点も指摘。

    それはLGBTが様々なタイプを内包していることが起因しているのは否めないだろう。

    そもそも性的マイノリティが結婚する制度は、制度的な救済措置と成りうるか(現行の他の制度で代替出来ないのか否か)、ロシアにおける“同性愛禁止法”と目されているものが“異性婚による「産めよ増やせよ」法”であることを指摘するなど、当事者ではない私には目から鱗の指摘も多くあった。

    女性の場合、耳タコレベルな「子供を産む・産まない」「結婚する・しない」問題が、見え隠れする……
    つまりこの本の中で議論されている事は、LGBTに限らず、法律と社会ににおける、コミュニティ、更には最小のコミュニティ単位である「家族」の在り方を問う根本的な問題を提示する。

全2件中 1 - 2件を表示

現代思想 2015年10月号 特集=LGBT 日本と世界のリアルを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

現代思想 2015年10月号 特集=LGBT 日本と世界のリアルを本棚に「積読」で登録しているひと

現代思想 2015年10月号 特集=LGBT 日本と世界のリアルはこんな本です

現代思想 2015年10月号 特集=LGBT 日本と世界のリアルのKindle版

ツイートする