タルコフスキー―若き日、亡命、そして死

  • 16人登録
  • 3.63評価
    • (1)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 馬場 朝子 
  • 青土社 (1997年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791755592

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

全1件中 1 - 1件を表示

タルコフスキー―若き日、亡命、そして死を本棚に「積読」で登録しているひと

タルコフスキー―若き日、亡命、そして死の作品紹介

幻の処女作。父への手紙。自殺の詩。放送禁止のラジオドラマ。画家としてのタルコフスキー。「苦悩の芸術家」は、アメリカかぶれの青年だった-学生時代につくられたハードボイルド映画「殺人者」をはじめとする初公開資料とともに、実の妹や友人たちの肉声でつづる、世界を代表する映画作家の知られざる生涯。

タルコフスキー―若き日、亡命、そして死はこんな本です

ツイートする