20世紀文化の臨界

  • 43人登録
  • 3.42評価
    • (2)
    • (2)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 浅田彰
  • 青土社 (2000年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (366ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791758111

20世紀文化の臨界の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • バタイユ、コクトー、ピンチョン、ピナ・バウシュなど、全部で10人の様々な作家やアーティストについて対談をしていく浅田彰の対談集。読んでいて色々な表現に触れてみたいと思ったのと、自分の世界観が深まり広がっていくような感覚にもなって面白かった。

  • 元京都大学経済研究所准教授。この人の経歴、特に`構造と力`をを知っている方には意外だろうが、現在、京都造形芸術大学大学院長。元々、経済学の大学院にいた人で(これも意外でしょ)、在学中に`構造と力`を出版して有名になった。その後、文化、芸術に関して多くの著名人と対談を重ね現在に至る。つまり、経済→哲学→芸術 というルートを辿って来られたわけですね。この本はその`芸術`の一つで、様々な近現代の芸術家に関して、多くの方との対談をまとめた本です。

全2件中 1 - 2件を表示

20世紀文化の臨界を本棚に「読みたい」で登録しているひと

20世紀文化の臨界を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

20世紀文化の臨界を本棚に「積読」で登録しているひと

20世紀文化の臨界はこんな本です

ツイートする