世界と生命―媒体性の現象学へ

  • 11人登録
  • 4.33評価
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 新田義弘
  • 青土社 (2001年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791759149

世界と生命―媒体性の現象学への感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 現象学において地平を産出する働きに注目し、解釈学の展開と結びつける。また、現象学は顕れているものについての学に収めるのでなく、その顕れの根拠学として見えないものも対象にする、ということから、見えるものと見えないものの問題系、光の問題系に接続する。さらに、世界を産出するという働きから、存在を言葉から解放し論じようとしたフィンクに。あるいは、生を対象化するのではなくまさに生きている生こそを問題にする生の哲学の変奏として現象学を位置付けたりも。
    第七章のフッサール、メルロ=ポンティ論、第八章のフィンク論が自分としては印象に残る。
    フッサールとハイデガー以外の説明はかなり駆け足でざっくりした感じ。

  • 一見すると現象学の解説書に見えるが、それ以上のもの。これまでの現象学に飽き足りず、一人の哲学者が生の真理を探究する。

全2件中 1 - 2件を表示

世界と生命―媒体性の現象学へを本棚に登録しているひと

世界と生命―媒体性の現象学へを本棚に「読みたい」で登録しているひと

世界と生命―媒体性の現象学へを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

世界と生命―媒体性の現象学へを本棚に「積読」で登録しているひと

世界と生命―媒体性の現象学へはこんな本です

ツイートする