魂の殺害 虐待された子どもの心理学

  • 11人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Leonard Shengold  寺沢 みづほ 
  • 青土社 (2002年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791760121

魂の殺害 虐待された子どもの心理学の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 過去の歴史的事象や、心理学書、著者や心理学者の論文、実際の患者の話の内容・特徴などを豊富に挙げ、虐待が子供(あるいは大人)に与えた影響とそれの表れ方を具体的に説明。

    p.105 虐待された子供どものことを「神が支配する強制収容所」に閉じ込められた者として語ったランドール・ジャレル

    p.116 彼らの中には、性格的かつ強迫的な孤立や知性化でもって、自分の感情を自分から切り離す人もいれば、私の患者の一人の表現を引くなら、自発的感情がほぼ皆無の状態で「まるで生きているように」暮らす、いわば感情的なゾンビとなって、「空ろな人間」として生きている人もいる

全2件中 1 - 2件を表示

魂の殺害 虐待された子どもの心理学を本棚に「読みたい」で登録しているひと

魂の殺害 虐待された子どもの心理学を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

魂の殺害 虐待された子どもの心理学はこんな本です

魂の殺害 虐待された子どもの心理学のペーパーバック

魂の殺害 虐待された子どもの心理学のハードカバー

ツイートする