魔法の石板―ジョルジュ・ペロスの方へ

  • 33人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (2)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 堀江敏幸
  • 青土社 (2003年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791760787

魔法の石板―ジョルジュ・ペロスの方への感想・レビュー・書評

  • 『パピエ・コレ』などの詩集を書いた作家ジョルジュ・ペロス。カミュの師匠ジャン・グルニエへの熱烈な師事と離縁、NRF編集長ジャン・ポーランとの付き合い、孤独を求めてブルターニュの漁師町への隠遁…。彼が残した迂遠な踪跡を、丹念に追ってゆく堀江さんの叙述が、白い溜息のように形になって、彼の人生の局面を洗い出してゆく。

    マイナーな詩人ぺロスの肖像を見事に伝えてくれる立派な評伝でもあり、20世紀のフランス文学小史としても読めるのは、エッセイスト堀江さんの本領発揮というところである。こういうセンスある仕事を文学研究者に求めてしまうのは、無理な注文というものか。

    堀江さんの散文のなかで優れた作品といえば、迷わずこの本を挙げる。

  • <a href="http://www.super-jp.com/bookpick/words/archive/20031130.html">日記的用語集20031130 堀江敏幸</a>で紹介しました。

全2件中 1 - 2件を表示

魔法の石板―ジョルジュ・ペロスの方へを本棚に「読みたい」で登録しているひと

魔法の石板―ジョルジュ・ペロスの方へを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

魔法の石板―ジョルジュ・ペロスの方へを本棚に「積読」で登録しているひと

魔法の石板―ジョルジュ・ペロスの方への作品紹介

ブルターニュ地方の漁師町に暮らし、おのれの生の小宇宙を瞑想した作家ペロス(1923‐78)。その生涯と言葉に息を吹き込み、ものを書く人の魂の闘いを描き切る渾身の長篇エッセイ。

ツイートする