X染色体―男と女を決めるもの

  • 20人登録
  • 4.43評価
    • (4)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : David Bainbridge  長野 敬  小野木 明恵 
  • 青土社 (2004年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791761524

X染色体―男と女を決めるものの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2013/2月
    遺伝子。染色体。生命の誕生を司り、たった1つの細胞の中に生命のっ全ての情報を記録する。アナログなのかデジタルなのかよくわかんない物質。物質なのかさえよく分からない。その情報のひとつが究極の男女を分けるという因子を持っている。
    まだまだ遺伝子奥深い。

  • 第1章 男と女のちがいを生み出すもの
    第2章 ケント公の精巣
    第3章 女は二つの生をもつ

  • 生物をとっていなかったので勉強になった。Xはかなり偉大。

全3件中 1 - 3件を表示

X染色体―男と女を決めるものを本棚に「読みたい」で登録しているひと

X染色体―男と女を決めるものを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

X染色体―男と女を決めるものを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

X染色体―男と女を決めるものを本棚に「積読」で登録しているひと

X染色体―男と女を決めるものの作品紹介

性を決定する染色体XとYが発見されるまでの歴史的経緯を追い、X染色体の性決定への関与、遺伝病や自己免疫疾患などを引き起こすメカニズムを詳細に解明。最新の研究成果をもとに気鋭の学者が描き出すX染色体のすべて。

ツイートする