占領の記憶/記憶の占領―戦後沖縄・日本とアメリカ

  • 13人登録
  • 3.67評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Michael S. Molasky  鈴木 直子 
  • 青土社 (2006年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (424ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791762200

占領の記憶/記憶の占領―戦後沖縄・日本とアメリカの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 目次

    イントロダクション―焼跡と金網
    第1章 無人地帯への道
    第2章 文学に見る基地の街
    第3章 差異の暗部
    第4章 戦後日本の表象としての売春
    第5章 両義的なアレゴリー
    第6章 内なる占領者
    エピローグ―ポスト・ベトナム時代の占領文学

  • 日本語で書かれた幅広い文学作品を通して、アメリカによる日本占領、沖縄占領がいかに記憶され、表象され、読まれてきたかを論じている。ポストコロニアル理論、フェミニズム理論を用いた読みに触発されるところは多い。

全2件中 1 - 2件を表示

占領の記憶/記憶の占領―戦後沖縄・日本とアメリカを本棚に「読みたい」で登録しているひと

占領の記憶/記憶の占領―戦後沖縄・日本とアメリカを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

占領の記憶/記憶の占領―戦後沖縄・日本とアメリカの作品紹介

文学という想像力のフィルターを通すとき、被占領経験はどのように再現されたのか。女性作家は支配的な男性の物語に対して、いかにしてカウンター・ヒストリーと成りえたのか。沖縄文学は歴史の記憶について、戦後日本人に何を教えてくれるのか。戦後占領期の言説空間と日常生活をよみがえらせ、沖縄・日本・アメリカの現在を問い直す占領期研究。

占領の記憶/記憶の占領―戦後沖縄・日本とアメリカはこんな本です

ツイートする