脳と無意識―ニューロンと可塑性

  • 12人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Francois Ansermet  Pierre Magistretti  長野 敬  藤野 邦夫 
  • 青土社 (2006年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791762897

脳と無意識―ニューロンと可塑性の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 精神分析と神経科学という全く領域の異なる分野の研究者が、同じテーマに切り込んだ本です。今、学際的な研究が多くなっていますが、疑問に思うことに対するアプローチの方法やさまざまな視点を持つこと、その視点の統合といった大事さを教えてくれます。疑問をもつことの大切さや、より深く考えることのおもしろさも味あわせてくれると思います。

    教育学部 H.I

全1件中 1 - 1件を表示

脳と無意識―ニューロンと可塑性の作品紹介

無意識、記憶、欲動、幻想など、抽象的に思えるものが、ニューロンを通して具体的なかたちをもつ。精神分析と神経科学の。最新の成果を交差させ誕生した無意識と欲動の新たな生物学。「可塑性」から見えてくる脳科学の新しい可能性。

脳と無意識―ニューロンと可塑性はこんな本です

ツイートする