天才の脳科学―創造性はいかに創られるか

  • 42人登録
  • 3.45評価
    • (2)
    • (2)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : Nancy C. Andreasen  長野 敬  太田 英彦 
  • 青土社 (2007年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791763405

天才の脳科学―創造性はいかに創られるかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本書では、「天才=並外れた創造性」と定義している。こう定義してよいかどうかは議論の余地があるところだが、ともかくこの本は、得体の知れない「創造性」というものを、なんとか科学の俎上に載せようと頑張ってみたものである。しかし結局のところ、その実体は、科学的にはなにも分かっていないに等しい。

    知能を測定するためにIQテストを行うように、創造性を測定する検査法を開発しようという試みはいくつかあった。それは、「発散的思考」(与えられた問いに対し、可能な答えをできるだけ多く見つけ出すこと)の程度を測定しようとするものだ。しかし、この創造性検査を受けた子供たちを追跡調査してみると、スコアの高かった子供が将来的に成功するということはなかった。つまり現状では、創造性検査には「予言的妥当性」がないのだ。

    著者は、脳科学者かつ精神科医であり、しかもルネサンス期の英文学で博士号を取得しているという、異色の経歴をもつ研究者である。したがって、芸術にも造詣が深く、創造性の研究を行うには適している。ただ、著者の行った「アイオワ大学作家ワークショップ研究」(創造性の高い作家は精神病に罹りやすいか?)は、あまり興味深いものではない。

    創造の瞬間には、脳の中で何が起きているのだろうか?何人かの「天才」たちが共通して証言していることは、まさにその瞬間に「創造の神」が降りてきて、一種のトランス状態に入り込むというものである。本書の中で一番興味深いのは、科学とは呼べないそういう事例的研究(天才たちのエピソード)の部分である。

    最終章の「脳トレ」的な話は蛇足であろう。この著者は、頭は切れるのだろうが、視野が狭い。本書は、アメリカ中心の世界観によって貫かれている。日本が登場するのは一箇所だけだ──「原爆を作ったことで日本を降伏させ、その結果多くの人生を救った」(P. 51)。著者は、マンハッタン計画を、人類の創造性の最も大きな成功例の一つと認識しているようだ。この人の創造性が高いのかどうかは分からないが、想像力はあまりないらしい。

  • 天才って何?凡人って?という素朴な疑問を脳科学の側面から見てみたくなって読んだ。

  • 育つ環境について考えてみたい。
    やっぱり浮くんだよね。それでもいかに
    自分を貫き通すか。周囲のサポートや
    社会の弾力性がないと厳しい。
    ガチガチに硬直した社会には創造性は
    開花しにくい。

  • たとえば、みんな天才だとして。
    それを生かせずに、過ぎていくのかもしれない。
    それを別によしとしないで、次世代に託すというのも、
    ありなのをみんな知ってるんだな。。
    特化しない方が、楽しいのかも//

  • 天才の頭の構造と、どうすれば凡人でも創造性を伸ばすことが出来るかについても書かれている。

  • 天才の脳みそはどうなっているのか?
    とは言うものの、脳科学に実際に絡めて書いてあるのは
    脳科学の歴史…というか基礎の部分だけみたい。
    むしろこの人の書いた実験論文を読んでみたいなあ…。

  • ヘンリクイプセン
    チェザレロンブローソ 天才と狂気
    フランシスゴールトン 遺伝的天才
    ハブロックエリス 英国の天才の研究
    女が誰も聞かない砂漠の中で男が何か言ったとして、彼はやはり間違っているのだろうか
    アマーストの麗人エミリーディキンソン
    ジョン・ダン
    サミュエルテーラーコールリッジ クーブラカーン
    チャイコフスキー「霊感という賓客ははじめの招待だけでは答えてくれないこともある。」
    ジロン?ガジロン?
    クアドリョン・・10の15乗・・一兆個
    シャイン、ビューティフルマインド
    ジョンキーツ



    前書きは熱かったが段々乾燥した感想に移行してしまって残念。

  • -

    2階書架 : 491.371/AND : 3410158304

全8件中 1 - 8件を表示

天才の脳科学―創造性はいかに創られるかを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

天才の脳科学―創造性はいかに創られるかを本棚に「積読」で登録しているひと

天才の脳科学―創造性はいかに創られるかの作品紹介

モーツァルト、シェークスピアから数学者ポアンカレまで、天才の脳はどこがどうちがうのか。IQと創造性の関係。遺伝子と環境の役割。天才と狂気。子供の才能を伸ばす方法…神経科学と精神医学の最新理論/装置を駆使し、創造する人間の脳の秘密に迫る。

天才の脳科学―創造性はいかに創られるかはこんな本です

ツイートする