金融危機の資本論―グローバリゼーション以降、世界はどうなるのか

  • 28人登録
  • 3.67評価
    • (2)
    • (3)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 青土社 (2008年12月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (167ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791764624

金融危機の資本論―グローバリゼーション以降、世界はどうなるのかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今回の金融危機に関して、日米の経済関係の経緯を踏まえた書籍は案外なかった(出会ってなかった)ので、その点で勉強になった。

  • なかなかおもろい。

全3件中 1 - 3件を表示

本山美彦の作品一覧

本山美彦の作品ランキング・新刊情報

金融危機の資本論―グローバリゼーション以降、世界はどうなるのかを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

金融危機の資本論―グローバリゼーション以降、世界はどうなるのかを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

金融危機の資本論―グローバリゼーション以降、世界はどうなるのかを本棚に「積読」で登録しているひと

金融危機の資本論―グローバリゼーション以降、世界はどうなるのかの作品紹介

資本主義の歴史的構造変化と日米関係から、世界金融危機の全体像を鮮やかに描き出す。

金融危機の資本論―グローバリゼーション以降、世界はどうなるのかはこんな本です

ツイートする