ナショナリズムと想像力

  • 47人登録
  • 3.78評価
    • (2)
    • (4)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
  • 青土社 (2011年4月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (102ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791766024

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
クロード・レヴィ...
ウィトゲンシュタ...
シーナ・アイエン...
G・C・スピヴァ...
アゴタ クリスト...
ヴィクトール・E...
ミシェル・フーコ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ナショナリズムと想像力の感想・レビュー・書評

  •  母語や、自分の住む街の一角の歩道のあたりに感じる安らぎを失うと、寄る辺なく方向を見失い依存したいという感情が生じる。ナショナリズムを求める衝動は、われわれのもっとも私的な部分に訴えかけてくる。われわれのものでない他者の公的領域を支配しようと私的な愛着を再コード化するナショナリズムの同一性を超える想像力を鍛えたい。等価性に習熟したい。

    『等価性というのは、均一にすることではありません。差異を取り除くことでもありませんし、未知のものを既知の枠に押し込むことでもありません。それはおそらく、たとえば自分の第一言語が占めている唯一無二の場所を他のものが占めることができる、そういう認識を学んで手に入れることです。』33頁

  • とりあえずtwitterの短評をファーストインプレッションとして(4/25)
    後日600字ぐらいでupしようと思います。

    スピヴァク『ナショナリズムと想像力』(青土社)はお勧め。リベラルな価値を実現する為にナショナルなナラティブを利用すべきと議論がありますが彼女は断固拒否。ナショナリズムの「魔法」を解きネイション・ステイト(国民国家)からシヴィック・ステイト(市民国家)への想像力を構想する一冊です。

  • 論が飛ぶのでついて行くのに苦労した。
    あっという間に読めてしまうけど、まだまだ消化不良。
    いい入門書になりました。

  • p39まで読んだ。

  • スピヴァクさんのブルガリアでの講演である。
    話し言葉だから、一見とっつきやすく読みやすいけれども、、、

    想像や等価について、、、
    とどまって ゆっくり何度も読まないと、、、

  •  言わば「書評買い」してしまったスピヴァクのソフィアでの講演録。情報テクノロジーの発展とともに文学的想像力を働かせる余地がますます狭まり、人文学そのものが危機に瀕しているなかで、想像力の可能性を問うている。ナショナリズムの起源もなしている想像力を、他のものとの等価性を認識するに至るまで鍛え上げることによって、ナショナリズムそのものを「脱=超越論化」する可能性を、人文学としての比較文学のうちに見届けようとする。「特異な想像力を鍛える」ということを自己慰撫と対照させるならば、酒井直樹が述べている「比較という戦略」の意義も理解できるのではないか。そして、比較の実践における翻訳の「政治学」も、スピヴァクはナショナリズムの「脱=超越論化」へ向けて語っていたような気がする。想像し、お仕着せの自己を他者へ向けて超越することの可能性を力強く語りかける一書。

  • 購入しようかどうか迷ったけど、買って良かった(個人的に装丁が好き)。
    先に読んだ「想像の共同体」とはちょっと違った「想像」とナショナリズムについて論じている。
    比較文学や脱-超越論化の概念がうまくつかめなかったため、少し理解がしづらい部分も。しかし、この本の訴えは、非常に心に響く。

  • 11/06/12朝日朝刊の紹介で気になった

全8件中 1 - 8件を表示

ナショナリズムと想像力を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ナショナリズムと想像力を本棚に「積読」で登録しているひと

ナショナリズムと想像力の作品紹介

ポストコロニアリズムとフェミニズムの交差点から、国際社会の文化政治学へ理論的に介入し続けるスピヴァク。母国インドの解放・独立に沸く幼年時の高揚した記憶をもとに、難解とされるサバルタン理論構築の源泉と現場をやさしく語る。最良のサバルタン理論入門。

ナショナリズムと想像力はこんな本です

ツイートする