量子力学は世界を記述できるか

  • 56人登録
  • 3.60評価
    • (1)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 佐藤文隆
  • 青土社 (2011年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791766123

量子力学は世界を記述できるかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 理系でない私がこの本を読んだのは、量子力学において多世界解釈がどのような現状にあるかを確認するため。
    最近になって様相論理学や可能世界の話が取り上げられているようだが、この辺は最近の研究論文を読む必要がある様子。
    理解できるかどうかは別として…。
    ちなみに、この辺の話題は哲学界でもまだホットみたいです。

  • 量子力学を軸としコペンハーゲン解釈以降、約100年の物理学の流れをエッセイ風に書いた1冊。

    量子力学はその萌芽期にアインシュタインのような物理学の大家に批判されつつも、ボーアを中心としたコペンハーゲン解釈により、細かい矛盾は忘れとりあえず取り扱われてきた。けれどもそうし対立する考えが再燃している、というのが大筋だろう。と思う。

    難解な数式などもあって読むのに苦労する章もある。そこを流し読みして、エッセイ的な部分を中心に読めばそれなりに内容は理解できると思う。もしかしたら高校生の時に読めていたらもう少し理解できていたかもしてない。

    キーワードはコペンハーゲン解釈、EPR、収縮、ミクロの時間対称性とマクロの時間非対称性(=エントロピー)、観測者、不確定性、ユニタリーの変動、自立系と制御系、可能性の束、など多数。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。
    通常の配架場所は、3階開架 請求記号:421.3//Sa85

  • 量子力学の生い立ち〜現状の概要を知ることができ、知的好奇心をかきたてられた。
    第2章 情報と確率では、エントロピーについて述べられている。ここでの熱力学の第二法則は情報の法則であるという解釈がとても興味深い。
    しかし、専門的知識のない私では5割程度しか理解できなかった。特に、後半がわかりづらい。

  • 和図書 421.3/Sa85
    資料ID 2011101728

全5件中 1 - 5件を表示

量子力学は世界を記述できるかを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

量子力学は世界を記述できるかの作品紹介

科学の最先端として「物理学の世紀」を演出し、医療やIT、情報工学などさまざまな分野を革新し続けている量子力学。しかしその理論は直観的にはまったく「理解できない」ものだった。量子力学の登場で、世界は、そして科学の意味はいかに変わったのか…。いままで誰も語れなかった「本当の」量子物理学の世界。

量子力学は世界を記述できるかはこんな本です

ツイートする