偶有性操縦法 -何が新国立競技場問題を迷走させたのか-

  • 43人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 磯崎新
  • 青土社 (2016年3月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791769148

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミシェル ウエル...
荻上チキ
森田 真生
アドルフ・ロース
宮下 奈都
内田樹
有効な右矢印 無効な右矢印

偶有性操縦法 -何が新国立競技場問題を迷走させたのか-の感想・レビュー・書評

  • 色々と難しい言葉が使用されていて,わかりにくいところもあるが,日本の建築がたどってきた過程など,興味深かった.磯崎氏の国立競技場問題に例を挙げているが,これは言いたいことの踏み台でもあり,建築業界と政治の複雑なねじれを問題としている.一本筋が通っていて,なるほどとも思えた.
    だが,庶民の目から見ると,あのいくら金がかかるんだろうというザハ案は,なかなか賛成しづらいものがある.建築家とはまた考え方も違うのだろう.
    また,空間を空間として残すというのは,とても興味深かった.

  • 魔女狩りとは確かに的確ですが、魔女に仕立てたのは選んだ人ということも事実です。

全2件中 1 - 2件を表示

偶有性操縦法 -何が新国立競技場問題を迷走させたのか-を本棚に登録しているひと

偶有性操縦法 -何が新国立競技場問題を迷走させたのか-を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

偶有性操縦法 -何が新国立競技場問題を迷走させたのか-を本棚に「積読」で登録しているひと

偶有性操縦法 -何が新国立競技場問題を迷走させたのか-はこんな本です

偶有性操縦法 -何が新国立競技場問題を迷走させたのか-のKindle版

ツイートする