情動の社会学 ―ポストメディア時代における“ミクロ知覚"の探求―

  • 16人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 伊藤守
  • 青土社 (2017年10月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791770175

情動の社会学 ―ポストメディア時代における“ミクロ知覚"の探求―の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 規律社会の残滓をとどめつつもドゥルーズがいうところの管理社会へと移行するなかで、メディア、とりわけSNSはどうあるかを論じるのが主な内容であるが、壮大な引用のわりにはありふれた結論に映る。筆者の世代とっては新鮮かもしれないが、若い世代からするといまさら何をいっているのかと感じる部分も多いのではないか。

  • 東2法経図・開架 361.45A/I89j//K

全2件中 1 - 2件を表示

伊藤守の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
森田 真生
みうら じゅん
荻上チキ
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

情動の社会学 ―ポストメディア時代における“ミクロ知覚"の探求―を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

情動の社会学 ―ポストメディア時代における“ミクロ知覚"の探求―を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする