パウル・ツェラン全詩集〈3〉

  • 10人登録
  • 1レビュー
制作 : Paul Celan  中村 朝子 
  • 青土社 (1992年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791790838

パウル・ツェラン全詩集〈3〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • パウル・ツェラン全詩集第三巻は、『骨壷たちからの砂』(1948)、『時の屋敷』(1976)、他に補遺詩篇や年譜等を収める。

    晩年の詩集を収録した第二巻より、この巻の方が親しめた。ソシュールのいうラング、言葉の網目のさらに奥へと手を伸ばし、掴みとった何物かが詩として結晶しているように感じられた。

    パウル・ツェラン、両親はナチスにより殺害されている。第一詩集は誤植が多すぎて自主的に回収、40歳になったとき盗作疑惑を懸けられ精神を病み、それから10年後にセーヌ川に飛び込んで自殺したという。

全1件中 1 - 1件を表示

パウル・ツェラン全詩集〈3〉を本棚に登録しているひと

パウル・ツェラン全詩集〈3〉を本棚に「読みたい」で登録しているひと

パウル・ツェラン全詩集〈3〉を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

パウル・ツェラン全詩集〈3〉を本棚に「積読」で登録しているひと

パウル・ツェラン全詩集〈3〉はこんな本です

ツイートする