混沌大陸パンゲア

  • 53人登録
  • 3.46評価
    • (5)
    • (6)
    • (15)
    • (1)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 山野一
  • 青林堂 (1999年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784792603137

混沌大陸パンゲアの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人類は進歩しない。堕落する。ヒンドゥー教によると最末期においては人心は荒廃し、貧困・憎悪・狂気・悪疫等、あらゆる害悪がはびこる。そして世界が堕落し尽くした時に破壊神シヴァが現れ、宇宙を混沌に戻すという。現代がその最末期である事は間違い無い。

  • ヒヤパカよりも新しめの作品の多い短編集。
    「ラヤニール」は久々の悪夢系だし、「ムルガン」なんかも清くてすごく好きです。
    山野作品はどれも一貫して作品から作者自体のフェロモンがすごく出てるような気がするんですが同じように感じる人いないかなあ。

  • 面白いです、が、ヒヤパかの方がちょっと好き!!

  • 山野一を知って初期の頃に読んだ作品
    この作品に出会った時は 歓喜しちゃいました。
    でも あの頃は私は若かった、、、、

全4件中 1 - 4件を表示

混沌大陸パンゲアに関連する談話室の質問

混沌大陸パンゲアを本棚に登録しているひと

混沌大陸パンゲアを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

混沌大陸パンゲアを本棚に「積読」で登録しているひと

混沌大陸パンゲアはこんなマンガです

混沌大陸パンゲアの単行本(ソフトカバー)

ツイートする