まんがで読む古事記 第5巻

  • 13人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 久松文雄
  • 青林堂 (2014年1月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784792604844

まんがで読む古事記 第5巻の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大阪のジュンク堂で発見。奥付きに平成26年1月初版とある。全然気づかなかった。もっと配本すればいいのに。
    古事記の話について頭の整理が出来た。歴史の好きな子供に良い本だと思う。

    本巻は日本武尊の後半から応神天皇、仁徳天皇の話。大阪に単身暮らしで河内王朝に興味をもったので、個人的にはジャストタイミング。

    日本武尊が弟橘比売を部下に迎えに行かせるエピソードが描かれているが、古事記では弟橘の登場が唐突だからそうしたんだろうけれど、どうなんだろう。
    相模から上総に向かうのに船で渡る方が時間が節約という台詞がある。でも当時は海路はあっても陸路は元々ないんじゃ。
    僅かな疑問はあったけれど、判りやすくてしっかり古代が伝わる漫画。お薦め。

全1件中 1 - 1件を表示

まんがで読む古事記 第5巻を本棚に登録しているひと

まんがで読む古事記 第5巻を本棚に「読みたい」で登録しているひと

まんがで読む古事記 第5巻を本棚に「積読」で登録しているひと

まんがで読む古事記 第5巻の作品紹介

第5巻では、倭建命がおかくれになって白鳥となり、神功皇后から応神天皇そして仁徳天皇の御世へと時代は移り、中巻が完結となります。

まんがで読む古事記 第5巻はこんな本です

まんがで読む古事記 第5巻のKindle版

ツイートする