ネオコンとは何か―アメリカ新保守主義派の野望 (世界書院MGD)

  • 15人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 田原牧
  • 世界書院 (2003年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784792720650

ネオコンとは何か―アメリカ新保守主義派の野望 (世界書院MGD)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 米国のユダヤ系知識人といえば、それまで人種的少数派の人権問題に敏感に反応するなどリベラルと進歩性が売り物だった。
    ネオコンには冷戦後、ソ連に代わる的が必要になった。ネオコン系知識人の一部はイスラモファシズムという言葉を使い始めた。イスラムとファシズムの造語。ユダヤ系という出自も影響しているかもしれない。

    核兵器に対して米国の戦略的、政治的目標を達成するのに障害となるようなターゲットを、そのリスク段階で摘み取る選択肢を与えなくてはならない。

    イラクのバース党の要綱はナチスとウリ二つである。こうした反ユダヤ体質をネオコンは絶対に許さない。

    技術革新でエネルギーは石油に頼らなくなるまであと30年。そうなればアラブがパレスチナ問題で欧州に影響力を行使することもできなくなるはず。

全1件中 1 - 1件を表示

ネオコンとは何か―アメリカ新保守主義派の野望 (世界書院MGD)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ネオコンとは何か―アメリカ新保守主義派の野望 (世界書院MGD)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする