悶死―中川一郎怪死事件

  • 14人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 内藤国夫
  • 草思社 (1985年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794202123

悶死―中川一郎怪死事件の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 死に追い詰めた最大の責任者は貞子未亡人である。

    人となりや当時の状況を知っている人が読むと、興味深いのでしょう。

  • 佐藤優『国家の罠』の中で鈴木宗男の紹介のために検察官に紹介されていた本。読んでみて、中川一郎の死因がなんとなくわかった気がした。子供の中川昭一も怪死したのは、なんの因縁か。合掌

全2件中 1 - 2件を表示

内藤国夫の作品

悶死―中川一郎怪死事件はこんな本です

ツイートする