イギリスのある女中の生涯

  • 31人登録
  • 3.54評価
    • (2)
    • (5)
    • (5)
    • (0)
    • (1)
  • 6レビュー
制作 : Sylvia Marlow  徳岡 孝夫 
  • 草思社 (1994年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794205513

イギリスのある女中の生涯の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんか他のイギリス女中の話の方が面白かった。ただ盛りだくさんだったので読み応えあり

  • 「おかえりなさいませ ご主人様♪」
    メイド喫茶なるものが最近メジャーなものとなりつつありますが、本当の女中さんはめっちゃ厳しく辛い仕事です。

    安い安い給料で働く。
    こんな仕事イヤだと辞めてしまえば、もっと大変な明日がまっている。
    働くって何だろう。

    と、社会に出る前、大学生だった私が感想を残しています。

  • イギリスに実在したお屋敷女中の回想録。
    お金持ちのイギリス貴族のお話は、物語のストーリーに取り上げられるが、使用人の人生について書かれた本は少ない。
    彼女は1899年に貧しい使用人の子どもとして生まれ、14歳でお屋敷女中の奉公に上がった。
    ひどい部屋に寝起きし、2年間一回も実家に帰らせてもらえなかった。給料は週1シリング、食べものもひどく、誰も健康を気遣ってくれる人はいない。希望がなく悲壮感漂う。
    ただ時代は現代へと向かい、女中を沢山おく古い制度が無くなって貧しい女性の仕事に別の選択肢が出来た事がほっとさせる。
    華やかな英国貴族のお屋敷、パーティ、ドレス、贅沢の背景にはつらい下働きをしている女中が大勢いたのである。
    貧しい女性の生い立ちの実話「ラークライズ」と共通した事はあるが、違うのはこの主人公がラークライズのように小作人であっても村に育ったのと、お屋敷内の使用人住居で育った事である。従者として住むみこむという事は厳しい世界だったようだ。

  • 【お勧め!】20世紀初頭の話になりますが、当時「女中(※メイド)」をしていた女性の回顧録となっています。 
     飢餓状態の子供がいる農村の様子や小作農民の生活、屋敷内での労働の様子、使用人たちの恋愛、良い洋服欲しさに売春する女中、男性に軟派されてそのまま戻ってこなかった女中達、使用人の給料をピンハネする執事や女中頭など、表からは見えない生の声を知ることができます。

  • 牛飼いの娘として生まれ、14歳で女中奉公にだされた女性の回想録。
    貧しく質素な暮らし、子どもの頃から労働に借り出されるという厳しい環境の中でも、それでも生き生きと暮らしてきた様子が書かれています。
    とても、面白かった。

全6件中 1 - 6件を表示

イギリスのある女中の生涯を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

イギリスのある女中の生涯を本棚に「積読」で登録しているひと

イギリスのある女中の生涯はこんな本です

ツイートする