魂の殺害者―教育における愛という名の迫害

  • 16人登録
  • 3.40評価
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Morton Schatzman  岸田 秀 
  • 草思社 (1994年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794205704

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

魂の殺害者―教育における愛という名の迫害の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 巻末の翻訳者解説にある,
    「本当の恐ろしいのは,子に対する親のあからさまな迫害,虐待,冷遇などではなくて,愛情,思いやり,献身といった名の迫害なのである。あからさまな迫害の場合は,子どもとしても,親の迫害そのものはつらいものの,少なくともそれに対する不満と敵意は自由に表現でき,人格の統一性は保持できる。しかし,愛という名の迫害に遭った子どもは,迫害される苦しみは同じように味わわされていながら,その上に,その迫害を迫害と感じることを禁じられ,それに対する不満と敵意を抑圧することを強いられ,さらに,それを世奥圧したという事実をも抑圧することを強いられ,本当は感じているはずもない感謝と愛情を,しかも心から親にささげることを強いられる」という文章に集約される。
    本書に書かれた,シュレーバー氏は,まさにそのような愛情による迫害を受けた被害者である。

  •  訳者が岸田秀先生…ってことで、買ったきり10年近く(以上?)本棚に寝かせていた本です。
    今借りてるのが終わったら読もう…

全1件中 1 - 1件を表示

魂の殺害者―教育における愛という名の迫害を本棚に登録しているひと

魂の殺害者―教育における愛という名の迫害を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

魂の殺害者―教育における愛という名の迫害を本棚に「積読」で登録しているひと

魂の殺害者―教育における愛という名の迫害の作品紹介

フロイトの研究対象として有名な精神分裂病患者ダニエル・シュレーバー。四十二歳にして発狂した彼の狂気の根源は、実は幼児期の厳格な父の教育にあった。愛ゆえに子どもを独裁し迫害してしまう教育熱心な親が、子どもの心理にどのような影響を及ぼしたのか。シュレーバーの幼時体験と発狂後の回想録を綿密に比較しながら再解釈を加え、精神分裂病をもたらした教育の悲劇と恐怖を鋭く分析する。

魂の殺害者―教育における愛という名の迫害はこんな本です

魂の殺害者―教育における愛という名の迫害の単行本

ツイートする