ふたたびの生

  • 33人登録
  • 3.73評価
    • (5)
    • (3)
    • (6)
    • (0)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 柳澤桂子
  • 草思社 (2000年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794209542

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
中島 京子
柳澤 桂子
武良 布枝
レイチェル カー...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

ふたたびの生の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (2002.10.13読了)(2001.12.28購入)
    (「MARC」データベースより)amazon
    病床で30年、ついに死を覚悟した。この点滴を抜いてしまえば…。その時奇跡が訪れた。生命科学者が、介護される者の思いと生を取り戻すまでの胸のうちを綴り、生きていることの意味をあらためて問う。

    ☆関連図書(既読)
    「冬樹々のいのち」柳澤桂子著・赤勘兵衛絵、草思社、1998.12.08
    「愛をこめいのち見つめて」柳澤桂子著、集英社文庫、1999.06.25
    「生命の未来図」柳澤桂子著、NHK人間講座、2002.02.01

  • 健康のありがたみを痛感しました★★
    家事は嫌だけど、家事ができるって幸せなんだ。
    仕事や勉強は嫌かもしれないけど、幸せなことなんですね。

  •  世に知られていない病気。しかしある医師に「これは私の範疇に入る病気です。後日薬を送ります。」といわれ、送られてきた薬は劇的な効果をあらわす。それまでの苦悩の日々。ナマケ病・うつ病等々様々に言われ続けた。

  • 一度は静脈栄養を外そうと思った著者だが、薬を見つけて劇的に回復、起き上がれるようになった。二度目の生を得た桂子さん。

全4件中 1 - 4件を表示

ふたたびの生の作品紹介

死の淵から奇跡的な快復をとげて、生命科学者は見つめ直す-生きていることの意味。

ふたたびの生はこんな本です

ツイートする