渡り歩き

  • 11人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 岩田宏
  • 草思社 (2001年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794210326

渡り歩きの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あまり世に知られることのない、かといって、稀書という訳でもない、そんな本についての思い出話が大半を占めている。なかでも演劇について触れた文章が多いのだが、残念ながら、ほとんど見たことがない作品ばかりである。そんな中にチェーホフの『かもめ』について触れた一文がある。

    劇中劇の中に「人も、ライオンも、鷲も、雷鳥も、角をはやした鹿も‥‥」という科白がある。死に絶えた物を列挙するのに、なぜ、人間の後がライオンで、その次が鷲なのか、そこに何か意味があるのかと問いかけ、その理由を説明しているのは『ハムレット』の中に出てくる二人の従者を主人公にした『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』を書いた作家トム・ストッパードである。

    彼によれば、答えはロシア語原文の中にある。「人も、ライオンも」は「リュージ、リヴゥイ」となり、Lの頭韻を踏んでいるのだ。それなのに1996年にトムの翻訳が出るまで、英語でも日本語でも、そのことに注目した翻訳がなかったことを筆者は嘆いている。言葉が粗末にされていると。ちなみにストッパード訳では、次のようになっている。

     Mankind and monkeys, ostriches and partridges.......

    ライオンは猿に変わっているが、踏まれた韻から文学青年の客気が伝わってくるようだ。

    歯に衣着せぬ舌鋒で、日本の作家についても語っている。曰く、今の文章が駄目なわけではない。川端康成だって『浅草紅団』などは酷い物だ、と。これは、まったく同感である。初めて読んだときは、これが『雪国』の作家の文かと思ったものだ。しかし、なかなか、ここまで言う人は少ない。読後に爽やかなものが残る一冊である。読書好きにお勧めしたい。

全1件中 1 - 1件を表示
ツイートする