世界の環境危機地帯を往く

  • 12人登録
  • 3.83評価
    • (1)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Mark Hertsgard  忠平 美幸 
  • 草思社 (2001年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (342ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794210340

世界の環境危機地帯を往くの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おそらく

    自分の感想など不要だろう。

    これは筆者が旅してきた感想、実体を

    ありのままに受け入れればいいと思う。

    そうなんだと思えれば十分。

    それで十分筆者の意図は伝わる

    ハズ

    だからアマゾンで商品の概要を見てもらえれば十分。

  • 間に合うのか、本当に。

全3件中 1 - 3件を表示

世界の環境危機地帯を往くの作品紹介

ヒトという生物は、絶滅の危機を回避して生き残ることができるのか?数字からは見えてこない、環境問題の真実を求めて、著者は旅に出た。バンコクの排気ガスにむせ、中国の垂れ流し工場に潜入し、ガイガーカウンター片手にロシアを往く-。6年の歳月をかけ19カ国を歩き、大統領から工場主、農民から主婦にまで話を聞いた気鋭のジャーナリストが、そこに暮らす人々の視点から人類サバイバルの道を探る。圧倒的なリアリティと説得力を携え、環境問題にまったく新しい視点を与える渾身のノンフィクション。

世界の環境危機地帯を往くはこんな本です

ツイートする