朝鮮戦争の謎と真実―金日成、スターリン、毛沢東の機密電報による

  • 28人登録
  • 3.14評価
    • (0)
    • (1)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 金 成浩  金 成浩  下斗米 伸夫 
  • 草思社 (2001年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (422ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794210913

朝鮮戦争の謎と真実―金日成、スターリン、毛沢東の機密電報によるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 立花隆
    ぼくの血となり…
    P284

  • 朝鮮戦争に纏わる事柄がこと詳細に述べられている。
    歴史事実を単に並べるだけではなく、スターリンと毛沢東らの電信のやり取りなどといった構成は北朝鮮側の視点で状況がリアルタイムに展開されて読者にとっては大変楽しみやすいもの。内容面としても朝鮮戦争という事柄に関しての資料としてこれ以上ないものだと思う。

    生々しい戦況の様子や中華人民共和国を立ち上げたばかりの毛沢東らの緻密で繊細な状況が浮き彫りになる。

  • 読みたい本

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スペンサー ジョ...
ポール・コリアー
マックス ヴェー...
サミュエル・P....
アーネスト ゲル...
有効な右矢印 無効な右矢印

朝鮮戦争の謎と真実―金日成、スターリン、毛沢東の機密電報によるはこんな本です

朝鮮戦争の謎と真実―金日成、スターリン、毛沢東の機密電報によるの作品紹介

朝鮮戦争は金日成とスターリンと毛沢東の共同謀議で開始された!ソ連の極秘文書によって初めて朝鮮戦争の真実を洗い出す。

ツイートする