神秘な指圧師 (V.S.ナイポール・コレクション 1)

  • 24人登録
  • 3.60評価
    • (2)
    • (5)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : Vidiadhar Surajprasad Naipaul  永川 玲二  大工原 弥太郎 
  • 草思社 (2002年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794211132

神秘な指圧師 (V.S.ナイポール・コレクション 1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これは日本語翻訳で読んだらアカンやつや~~。
    トリニダード・トバゴ英語を尾道・広島弁に訳す、
    翻訳者の方のご決断、ご苦労はよく分かるのだが、
    こういう作品ってどうしたら良いのだろうな?
    英語原文を読まない限り、
    作者が本当に意図するところはとらえきれない。
    すっとぼけたお話は面白く読んだが、
    自叙伝的性質を考えると終盤辺りの展開では、
    サー・V・S・ナイポールは、
    ポストコロニアルの民族主義とは一線を画した人であることがよく分かる。

  •  ナイポール作品、2冊目読了。
     『ミゲル・ストリート』の最後の章で出て来るガネーシュが主人公の話。ミゲル・ストリートの住人への視線に比べると、ガネーシュへの視線には遠くから見ている感じがある。
     雲に追いかけられている少年の話あたりまでは、まあ楽しめたけれど、ガネーシュが時流にうまくのって社会の位階を昇っていくあたりは、さもありなん、という感じだった。ラストのガネーシュの台詞は、イギリスにそこまで同化したということか。
     ナイポールは紀行文学が本領と聞くので、そのうちそちらも読んでみたい。

  • 広島弁にひかれて読んだ。終始うさんくさかったが、夫の暴力が容認されている供述に驚いた。リーラの辛抱強さがはんぱない。

  • 2001年度のノーベル文学賞受賞作家の1957年のデビュー作。V.S.ナイポール選集の1として2002年に翻訳発行。
    英領トリニダードって、どこ…?カリブ海にある小さな島だそうで。
    インド系移民3代目の作者は1932年生まれ。オックスフォード留学、BBC勤務。
    迷信もはびこる島国で、指圧師は勝手に名乗るためにやたらに多かったという。
    辺鄙な村で、いつか本を書くと言って本を買い溜めて暮らしている青年ガネーシュ・ラムシュマイア。
    ついに本を出すが全く売れず、妻のリーラにも愛想を尽かされそうになる。
    なぜかあるとき急に指圧師として成功する、といっても指で揉むわけではなく、精神療法とでも言うのか…治療家として開花したのだ。
    義父ラムローガンは財産家で商売上手、若い頃には目を掛けてくれた人だが、持参金で揉め、タクシー料金の独占つり上げを許せずにガネーシュが買い上げて恨まれるなど、波乱が。
    しだいに地域で重きをなし、議員となり、ついにはMBEという爵位(勲爵士)まで受ける…?
    あくの強い登場人物達のおかしさ、転がる人生の妙味。
    トリニダード・トバゴという国の特殊性、19世紀半ばから1976年に独立するまでは英国領だったために英語は通じるが現地化した独特な言葉になっている。それを生かした語り口で高く評価されたそう。

  • トリニダード出身のノーベル賞作家のデビュー作。トリニダード島の片田舎に住むニート同然の青年が、胡散臭い指圧師から最終的にはイギリスの爵位をもらうまでに至る遍歴。
    植民地文化を鮮明に、かつ若干批判的に描くタッチは実にナイポールらしい。登場人物はどいつもこいつも風変わりで、ストーリーも奇想天外。読んでいて楽しいし、植民地文化がよく分かるため、文学的にも小説としても価値があるといえるのでは。

全5件中 1 - 5件を表示

神秘な指圧師 (V.S.ナイポール・コレクション 1)はこんな本です

ツイートする