だからアメリカは嫌われる

  • 21人登録
  • 3.11評価
    • (1)
    • (0)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Mark Hertsgaard  忠平 美幸 
  • 草思社 (2002年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794211668

だからアメリカは嫌われるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 内田樹、島田雅彦らの反米論者の著書に共鳴する私。レーガン政権あたりからメディアの寡占や貧富の差が拡大して、グローバリズムで日本も新自由主義で自己責任と。かなり懐疑的な私はマイケル・ムーアも裏で体制に繋がっているんじゃない、とさえ。


  • アメリーカ。

全2件中 1 - 2件を表示

だからアメリカは嫌われるの作品紹介

圧倒的な経済力と軍事力を誇り、世界の警察を自任するアメリカ。だが果たして本当にそれに相応しい国だろうか。自国の意に添わない国を「ならず者」「テロリスト」呼ばわりし、発展途上国が貧しいのは「努力が足りないからだ」と斬り捨てる。あるいはアメリカは自由と民主主義の国だと言い張り、世界中どこでも「英語」は通じるものと信じて疑わない。いったいなぜアメリカは、アメリカ人は、あのような振る舞いをするのか。世界19カ国を巡り、環境危機地帯を実地に取材する旅の中で、自国の勘違いと非常識ぶりを痛感したアメリカ人ジャーナリストがつづる告発の書。

だからアメリカは嫌われるはこんな本です

ツイートする