神と歌の物語―新訳古事記

  • 10人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
  • 1レビュー
制作 : 尾崎 左永子 
  • 草思社 (2005年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (438ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794214584

神と歌の物語―新訳古事記の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読みやすくなおされている短い原文の後に和訳が入り、更にその後に説明が入るので、物語としてストーリーを追いかけたい場合は非常にストレスがたまる。
    書き方も「ここから説明です」と分かりやすく書いているわけではないので集中してないと何のことを読んでいるのか見失い易い。
    説明自体もそれ程専門的ではなく、神の名についてなど言葉に対する知識として入れると良い程度のもので、もう少し書き方を工夫して欲しかった。
    和歌に興味のある人は興味深く読めるかもしれない。

    私は上つ巻に用があって読んだので、和歌もそれ程出てこないし、情報収集の意味では薄かったが、読み物としては悪くないと思う。(2013/5/23)

全1件中 1 - 1件を表示

神と歌の物語―新訳古事記を本棚に登録しているひと

神と歌の物語―新訳古事記を本棚に「読みたい」で登録しているひと

神と歌の物語―新訳古事記を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

神と歌の物語―新訳古事記を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

神と歌の物語―新訳古事記の作品紹介

歌人の目と女性の目で、日本最古の古典文学を神と歌の物語としてとらえなおす!誰にでも読める現代人の古事記ここに完成。

神と歌の物語―新訳古事記はこんな本です

ツイートする