倒産社長、復活列伝

  • 17人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (0)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 三浦紀夫
  • 草思社 (2006年9月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794215239

倒産社長、復活列伝の感想・レビュー・書評

  • 以前、この方がいかに倒産を迎えたのかという生々しいエピソードを読んでいたのでこの人の復活の話かと思ったら、倒産を経験して復活された方々のいろんなエピソードがまとめられていました。ガリバーの社長の話なんかはほかでも読んでいたけど、ツカサのウィークリーマンションの話なんか知らなかったし再チャレンジの大変さ、負けない心の強さって言う点で勉強になりました。

  • 著者自身が倒産社長であり、「倒産社長の告白」という著書もあります。その続編ともいえる本書には、12人の倒産社長の復活が描かれています。

    “ドン底に落ちた12人が成し遂げた12通りの復活!
    日本ではきわめて難しいといわれている倒産社長の再起。見事に再起を果たすことに成功した人たちは、どうやって困難を乗り越えたのか。同じく元・倒産社長である著者が、それぞれの「復活」を果たした12人の波乱の人生をたどりながら、再起の条件をさぐる。”

    12人の共通点が3つ挙げられています。
    1.家族や友人の協力が得られている
    2.いつも前向きに生きており、年齢よりもはるかに若く見える
    3.明るく楽天的な部分を持っている

    共通点があるからといって、こうすれば復活できるという具体的な方法があるわけではありません。ただ、熱い心が必要であることは、間違いなさそうです。
    12人の中には、診断士の資格を取得し、経営コンサルタントとして復活した方がいます。どんなコンサルをされるのでしょうか?コンサルというのは、机上の知識ではなく、経験に裏打ちされてこそ、説得力を持つ気がします。
    ちなみに、この本を出版した草思社は、その後民事再生を申請し、倒産してしまっています。経営というのはつくづく難しいものです。

全2件中 1 - 2件を表示

倒産社長、復活列伝はこんな本です

ツイートする