C級戦犯がスケッチした巣鴨プリズン

  • 11人登録
  • 2.67評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 飛田時雄
  • 草思社 (2011年4月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794218216

C級戦犯がスケッチした巣鴨プリズンの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2011年刊。著者は戦時中、捕虜収容所監視官。空襲で巡回回収が不可となった所内の排泄物汲取り作業を捕虜に代行させたが、捕虜がサボタージュしたため、上官の指示に従い打擲し、戦犯に。戦後、C級として重労働30年の判決を受ける。彼は巣鴨プリズンでも勾留されたが、そこで東条の房室清掃係を担当しその謦咳を得、さらに梨本宮、児玉誉士夫らの知遇も。趣味のイラスト描きで無聊を慰めていたが、所内で評判となりA級らに配布。ただ、本書は予期したほどイラストは多くない。またA級の実像は垣間見で詳しくない。むしろC級戦犯の実例か。

全1件中 1 - 1件を表示

C級戦犯がスケッチした巣鴨プリズンを本棚に登録しているひと

C級戦犯がスケッチした巣鴨プリズンを本棚に「読みたい」で登録しているひと

C級戦犯がスケッチした巣鴨プリズンを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

C級戦犯がスケッチした巣鴨プリズンを本棚に「積読」で登録しているひと

C級戦犯がスケッチした巣鴨プリズンの作品紹介

C級戦犯として巣鴨プリズンに服役していた1955年までのあいだに、著者が描いたスケッチは500枚を超える。配膳に並ばされるA級戦犯たち、MPに尋問される東條、妻子の写真に手を合わせる服役者-現存するスケッチには戦犯たちの素顔や房内の日常が軽妙なタッチで描かれている。戦犯たちの獄中での姿を生き生きと伝える貴重な記録である。「巣鴨プリズンのイラストレーター」が獄中秘話を述懐。

ツイートする