中国共産党 支配者たちの秘密の世界

  • 221人登録
  • 3.80評価
    • (12)
    • (33)
    • (17)
    • (1)
    • (2)
  • 33レビュー
制作 : 小谷まさ代 
  • 草思社 (2011年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794218261

中国共産党 支配者たちの秘密の世界の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 関係の本をこれしか読んでないから、書いてあることが正しいのかすごいことなのかとかよくわからない。けど、なんとなく中国の体制がわかった気はした。


    感想。中国ってすごい。中国って怖い。日本がんばれ!

  • 細かいエピソードがたくさん出てくるが、同じ色調で疲れる。ただ、それが指し示すものは示唆的。つまり、共産党の絶対的な支配だ。これは、集団独裁制なのだ。


    河南省で起きた炭鉱事故で助け出された一人の作業員の第一声は「党中央部に感謝いたします!国務院にも感謝いたします!河南省政府にも感謝いたします!そして国民の皆さんありがとうございました!」だったと言う。党→中央政府→省の指導部→国民という支配階層の序列が完璧に守られているとの事。中央政府より党が大きな力を持っている。そして時に中央政府は省(地方)の共産党支部に力を及ぼせない事がある。

    共産党は組織として政府に登録されておらず、独立したウェブサイトも無い(必要としない)。党はすべての社会組織に政府機関への登録を義務づけ、違反した場合には刑罰を科しているが、共産党自体は登録されていない。党が権力の根拠としているのは、憲法前文にある「共産党の指導のもと」という一文だけだ。


    とても良く分かった。この国でビジネスを行うのは難しい。投資もしたくない。政治も確実に「狡兎死して走狗煮らる」だろう。北朝鮮問題は解決するインセンティブを持っていないし、持たないだろう。共産党のイデオロギーに真実があり、それを広める意義があれば、意味と力がある体制なのだろうけれど。そうでないなら、壊すか権威と権力を分離するしか無い。日本の皇室のように。伝統がある訳じゃないから、学問化するしかないかな。。

  • 著しい経済発展を続けて中国国民の生活水準はかなり高まったのだが、共産党一党独裁政権下での彼らの人生は幸せなのだろうか。たとえば、「何より政治を優先する中国では、西洋のような階層間の信頼関係がまったく存在しない。」「中国共産党というのは、完全に法体系から外れた存在なのです。」 というような事実を知ると唖然とする。中国共産党は神の存在であり、神は決して罰せられることもなく、ただ国民を神の意のままに従わせるのみである。いやぁ、本当に恐ろしい国だ。

  • 中国の共産党がどういう役割を果たしているかを記載している。批判的な側面でのみ書いているので、メリットがどこにあるのかを知りたいと思った。
    暗記力重視は中央の内容を正確に伝えるため。
    5つの公認宗教以外認められない。
    赤い電話を持っているところは共産党直結で電話がくる。
    共産党幹部は髪を染め、染めないときは引退してか投獄。
    中国に会社が存在し、会社が不動産などを所有はしているが、結局は株を持っている国が統制している。
    低い収入で昇進するか、昇進をしないが利権をえるかという別れ道。それを設けることで昇進できない不満をそらしているのかもしれないと思った。

  • 中国共産党を通して、中国のあらゆることが分かるかと思い購入。
    あまり共産党について興味がわかず、現在ペンディング。

  • 中国共産党はどういう世界か?

    知らない情報多く、おもしろい。中央と地方の関係は驚いた。

  • ③まとまり。外国人の文体に見受けられるが、登場人物や街の背景描写等が少し長い。全体としてもう少しスリム化してくれた方が中身が頭に入り易い。実体験や取材に基づく内容で現実味があり、多角的な視点で党の内実に迫っている所は、他に類を見ない面白さ。

  • 党の指導は三権に優先する。
    怖ろしく腐敗と無駄を生むシステムだが、求心力は働く。
    経済発展が続く間は良いがソフトランディングはむつかしい気がする。どうなることやら。

  • ・イギリス人ジャーナリストが「中国共産党」を徹底的に追った本でした。中国内部における共産党のイメージなどが生々しく書かれていて面白かったです。三鹿の毒ミルク事件の背景など、最近のトピックも書かれていてニュースを見ただけでは分からないことを知ることができました。

  • 中国共産党の現状、幹部のモチベーションの源泉、党が持つ中国企業への影響力、党が抱えている問題などが分かる良書。

全33件中 1 - 10件を表示

中国共産党 支配者たちの秘密の世界はこんな本です

中国共産党 支配者たちの秘密の世界を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

中国共産党 支配者たちの秘密の世界の作品紹介

政府、軍、ビジネス、報道。中国共産党の指導は中国のあらゆる分野に及ぶ。天安門事件後の停滞に強い危機感を抱き、権力維持に死に物狂いとなった党は、ますますその力を強め、レーニン主義のシステムを巧妙に隠しながら社会主義市場経済を推し進めた。それは驚異的な経済発展をもたらし、今やこの「中国モデル」が世界をも動かすに至った。その方針を決めているのはたった9人の政治局常務委員だ。中国報道のベテラン・ジャーナリストが、秘密のベールに覆われた最高幹部たちの人物像、党の統治の実態を初めて詳細に明らかにして、英『エコノミスト』『フィナンシャル・タイムズ』両誌の"ブック・オブ・ザ・イヤー2010"に選ばれた、最新の「中国共産党研究」である。

ツイートする