新訳 ヒトラーとは何か

  • 60人登録
  • 3.88評価
    • (5)
    • (6)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 10レビュー
制作 : Sebastian Haffner  瀬野 文教 
  • 草思社 (2013年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794219480

新訳 ヒトラーとは何かの感想・レビュー・書評

  • 35年くらい前のベストセラー。新訳になってたので読みやすい。

    ヒトラーがやらかした戦争や虐殺は、当然授業で教えられるし、「やべえ人」ってことは誰でも知っているはず。
    けれど、そこで湧き出る2つの疑問。
    ・そんなやべえ人が、国家のてっぺん取れるとかありえなくね?
    ・やべえやべえ言ってるけど、いいこともしたから15年も政権持てたんじゃないの?
    この答えが知りたかったので、購入してみた。

    要点はざっくり以下の通りだと思う。

    ・ヒトラーは世に出た当初から今際の際まで、一貫した理論(ドイツ民族の世界征服、ユダヤ民族の絶滅)の下に行動していた。
    ・ヒトラーは右翼よりも左翼に近い。共産主義との違いは、国有化の対象が「生産手段」ではなく、「人間」だったこと。
    ・政権を掌握できたのは、倒れるべき運命にあったワイマール共和国にとどめを刺しただけ。
    ・政権掌握後の実績は、経済復興・軍事改革。前者はたまたまだが、後者はヒトラーの才能・見識による。
    ・国家掌握は戦争を行うため。戦争を行うのは世界征服のため。覇権拡大ではないため、終わりがない。
    ・東部戦線の挫折により戦争勝利の見込みがなくなってからは、ユダヤ民族、そしてドイツ民族を抹殺しようとした。
    ・ヒトラーがいなければ、現在の世界はない。

    読み終えて、論をこんなにすぱすぱ進めていいのか、という思いはある。
    が、一面ではあれ善悪両面を認識・理解できたことは収穫だと思うし、そういう本は未だに大して出回っていない。

    「ヒトラーが計算しても、2×2=4なのである」という言葉は、意外に重い。
    「お前に言われんでもわかっとる!」と、一蹴することができるだろうか。

  • ドイツに旅行に行くので、ドイツ人の歴史からは外せないと思い読んでみる。

    ここに書かれていること全てを事実として捉えてしまうのは危ないけれど、考察されている内容は妥当だと思うし、これがベストセラーになったとのことだから、ドイツ人の中にもこの本の内容で概ね理解してるんじゃないかなあと。

    そして単純に読み物としてすごく面白くて、次が気になってぐいぐい読んだ。

  • ナチス政権下を生きたドイツ人ジャーナリストによるヒトラー評伝。
    原著は1978年の出版だが、全く色あせない。
    本書の強みは、
    ジャーナリストならではの明快かつ大胆な論調と興味をそそる文章、
    そして何と言っても著者自身がヒトラー治世を生で経験していることだろう。

    「ヒトラーをファシストと呼ぶのは誤り」
    「ヒトラーは戦中に政治家であることをやめた」
    「ヒトラーは軍事の素人ではなかった」
    「ヒトラーは晩年には、ヨーロッパ征服を成し遂げられなかったドイツ民族を、自らの手で滅ぼそうとした」
    ・・・などなど、なかなかに刺激的な主張が繰り広げられるが、それぞれの主張にしっかりと著者なりの根拠を持ち、論理を練り上げているために、納得度は非常に高い。
    また、例えばヒトラーの「世界観」に関する解説(第4章)は、ただ分かりやすいだけでなく、今となっては歴史学者でも同様の内容を説いている箇所も多いことからも、著者のヒトラーを分析する目はかなり鋭かったと言える。

    一方で、ヒトラーのことを「ドイツの伝統とはなんの縁もない」突然変異的人物と断定している点については、「自分はナチスの所業とは無関係」と思いたいドイツ人の心性がモロに出てしまっているのかな、という危うさもある。
    この点は、同時代の歴史学者・村瀬興雄氏の『ナチズム』(中公新書)が全く逆の主張(ナチズムはドイツ保守主義の伝統上にある)をしているので、読み比べるのも興味深い。

    本書は歴史学者では許されないような大胆な推測も入り交じりはするが、全体に筋は通っているし、あくまでジャーナリストの一見解であるとの前提を忘れずに読むのであれば、大変示唆に富んだ見方を我が物にできる好著。
    ヒトラーに興味があるなら一読して損はないと思う。

  • ヒットラーに対する評価・批判、様々な本を読んだりドキュメンタリー番組を見たりしてきたが、まとまった評伝として読んでいなかった。

    印象に残るところも多かった。

    戦争が国家の仕組みに組み込まれている以上、これを廃止する唯一の方法は、国家を超越した世界国家しかないだろう。そして世界国家を作るには、世界征服戦争をやって収める以外に方法はない。これは世界の歴史を見れば明らかである。

    ヒットラーの犯罪リスト、1社会的弱者の根絶 2
    ジプシー根絶 3ポーランド指導層、教養層の根絶 4ロシアでの捕虜虐殺と大量殺戮 5ユダヤ人大量虐殺

    ヒットラーの大量虐殺は生き残った人々に国家建設を可能にした。ヒットラーがいなければ、イスラエルは生まれなかった。

    集団催眠の能力があった。大衆を等質の塊に変えてしまうことができた。

  • 第一人者による評伝。まずこれを読んで他のヒトラー本に向かうべし。

  • みんなの党の山内康一代議士の、昨年の一冊。 30歳にして無職のジプシーだったヒトラーが、なぜ台頭したのか。
    当時敗戦国だったドイツの経済を良くして、軍を強くして、卓越した演説能力で国民を催眠術にかけ、わずか6年の間に独裁者にのし上がり、次の6年で最悪の結末を迎えるわけですが、山内氏によると、『今の日本を見るためにも必読の書』だそうです。 

  • 旧訳は未読。
    ヒトラーの遍歴から始まり、彼の世界観や価値観をひも解いていく本です。

    ヒトラーの略歴はともかく、彼のしてきたことを詳しく知っているわけではないので、興味深い点も多いけれど、知識不足から読み取り切れなかった部分も多いと思う。
    また、本書ではたびたびこれまでの本では書かれていなかったと思われる解釈(?)が書いてあるようなのですが、
    ヒトラーに関する論文を読んだことがないので、この本の持つ本当の価値を分かりきれていないのだろうと思う。

  • ヒトラーには友人はいなかった。本来の友達づきあいは拒み続けた。
    ユダヤとの戦いは生存圏をめぐる戦いではなかった。文字通り生きるか死にかの戦い、殲滅戦であり、ユダヤ人は全世界の敵だった。
    ユダヤとインターナショナルという言葉は同義語だった。ヒトラーに言わせればインターナショナルなものはすべてユダヤ的ということになる。
    ヒトラーにとって非常事態が正常な状態だった。すなわち平和は非常事態だった。

  • 待望の新訳登場。その結果、日本語で読むヒトラーの本として、これが「一冊目」に該当することとなりました。すぐれた立脚点として、これからもその価値を減ずることのない名著です。

  •  ヒトラーとは何だったのか。大戦当時からのドイツを代表するジャーナリストが彼の行動からその政治信条を読み解いていく。

     これは衝撃的な本である。
     ヒトラーは早い段階で、ヨーロッパを軍事的に制圧すること、ユダヤ人を根絶やしにすることの二つを決めた。これはヒトラーが国家(民族)は拡大のみを目指すのが当然であるという思考からだと言う。ユダヤ人は国家という形でなく統一を目指す全国家の敵だと彼は考えた。
     さらにそれらの目標を自分一代で成し遂げることまで決めてしまった。後継者も国家体制づくりも彼には関係ない。自国の敗北が決まった時は、いかに負けるかではなく、なるべく敗北を遅らせて、ユダヤ人と不甲斐ないドイツ国民を道連れにすることさえした。
     ヒトラーは一貫してこういった政治信条のみを持っていた。ドイツでの権力掌握からフランス制圧まではたまたま相手が自滅する状況であっただけで、一切の建設的な思考はなかった。
     もちろんハフナーの言うことが全て正しいとは限らないだろう。ただ、この本の持つ圧倒的な説得力が、なるほど!と強く唸らせる。

     私達はたまたま政策がうまくいっただけでその政治家を評価してしまったりしていないだろうか。政治家は信条でも評価しなければならない。
     ヒトラーや第二次世界大戦からまだまだ学ぶことは多い。

全10件中 1 - 10件を表示

新訳 ヒトラーとは何かを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新訳 ヒトラーとは何かを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新訳 ヒトラーとは何かを本棚に「積読」で登録しているひと

新訳 ヒトラーとは何かの作品紹介

画家になりそこなった我の強いオーストリア人青年は、いかにして人類史上類を見ない独裁者になったのか?ナチスの興亡を同時代人として体験したジャーナリストが、ヒトラーの野望の軌跡を臨場感あふれる筆致で描いた傑作評伝。独自のヒトラー解釈で話題を呼んだハイネ賞受賞の名著が、新訳でさらに読みやすく。

ツイートする