文庫 性病の世界史 (草思社文庫)

  • 41人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Birgit Adam  瀬野 文教 
  • 草思社 (2016年2月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794221827

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウィリアム・H・...
瀧本 哲史
トーマス・セドラ...
チャールズ ブコ...
有効な右矢印 無効な右矢印

文庫 性病の世界史 (草思社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 特になにか心配と言うことではなくて。(^^;
    中世(戦国、江戸期の日本含む)舞台の小説を読むときに、当時の性病に対する考え方を知識として持っていた方がいいときがありますからね。
    名前だけは知っている病気なんだけれど、そんなに露出される病気でもないので、それぞれどんな症状が出るのかの解説があるのも興味深かったです。

  • 奔放な時代の話 面白い

全2件中 1 - 2件を表示

文庫 性病の世界史 (草思社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

文庫 性病の世界史 (草思社文庫)の作品紹介

有史以来、人類は性病に悩まされてきた。王様も教皇も、詩人も画家も、まじめな人も、男も女も、ときにはなんの病気かもわからずに苦しんできた。宗教上のモラルから人類が解放されたのは最近のことだが、性病は中世にも猛威を振るったし、性的なものを極端に忌み嫌った近代ブルジョア社会でも、つねに人々の悩みの種だった。人類の歴史のあらゆる段階に、性病は影のようにぴったり寄り添っているのだ。この本は、これまであまり注目されてこなかった性病の歴史をたどりながら、男女関係や性に対する人々の価値観の変遷を浮き彫りにする異色の文化史である。

文庫 性病の世界史 (草思社文庫)はこんな本です

ツイートする