自分の「異常性」に気づかない人たち: 病識と否認の心理

  • 37人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (2)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 西多昌規
  • 草思社 (2016年11月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794222367

自分の「異常性」に気づかない人たち: 病識と否認の心理の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なにやら最近話題のサイコパスに関する本と聞き、読んでみた。
    が、海外のこの手の本にありがちな「〇〇さんの場合」「△△さんの例」を挟みながら進んで行く形式。苦手だなー。(x_x;
    サイコパスという言葉の意味も得ぬまま途中読みで返却。

全2件中 1 - 2件を表示

自分の「異常性」に気づかない人たち: 病識と否認の心理を本棚に登録しているひと

自分の「異常性」に気づかない人たち: 病識と否認の心理を本棚に「読みたい」で登録しているひと

自分の「異常性」に気づかない人たち: 病識と否認の心理を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

自分の「異常性」に気づかない人たち: 病識と否認の心理を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

自分の「異常性」に気づかない人たち: 病識と否認の心理の作品紹介

強すぎる被害妄想、執拗な他者攻撃、異様なハイテンション、他人をふりまわすサイコパス……それは許容できる異常性なのか、治療介入すべき異常性なのか? 重篤な心の病気と診断された人が治療を受けずに他者に危害を加えたり、自殺に及んだりする事例は後を絶たない。本書は精神科医である著者が診察室で出会った、さまざまな「自分の異常性」に気づかない人たちを取り上げ、その心の病理と対処法を明らかにするものである。診療を通して、医師の苦悩や精神医療の問題点が浮き彫りになる。

自分の「異常性」に気づかない人たち: 病識と否認の心理のKindle版

ツイートする