文庫 ファミリー下: シャロン・テート殺人事件 (草思社文庫)

  • 9人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Ed Sanders  小鷹 信光 
  • 草思社 (2017年2月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794222589

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

文庫 ファミリー下: シャロン・テート殺人事件 (草思社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • エド・サンダース『ファミリー 下巻』草思社文庫。訳者は小鷹信光。1974年に刊行されたノンフィクションの文庫化。かなりの力作だと思う。綿密な取材により限りなく事実に基づいて描かれたチャールズ・マンソンの実像と彼の創ったカルト集団とも言うべきファミリーの実体。あくまでも第三者の視点で事実をじっくり描いているためなのか小説のような面白さは無いが、それ故マンソン・ファミリーの悪業の数々に具合が悪くなる。

    感想は上巻と下巻とを併せて。

全1件中 1 - 1件を表示

文庫 ファミリー下: シャロン・テート殺人事件 (草思社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

文庫 ファミリー下: シャロン・テート殺人事件 (草思社文庫)の作品紹介

1969年夏、ロサンゼルスの高級住宅地にある自宅で映画監督ロマン・ポランスキーの身重の妻、女優シャロン・テートが惨殺された。実行犯はカルト教祖チャールズ・マンソンを崇める“ファミリー”といわれた彼の信者たちだった。
平和的なヒッピー集団が戦闘的な殺人結社と化するまでを圧倒的な迫力で追ったすさまじい犯罪ドキュメント。

ツイートする