文庫 若い読者のための第三のチンパンジー (草思社文庫)

  • 118人登録
  • 3.93評価
    • (4)
    • (5)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Jared Diamond  Rebecca Stefoff  秋山 勝 
  • 草思社 (2017年6月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (391ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794222800

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
トマ・ピケティ
ベン・ホロウィッ...
塩田 武士
有効な右矢印 無効な右矢印

文庫 若い読者のための第三のチンパンジー (草思社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あの名著「銃・病原菌・鉄」の作者です。
    彼の基本理念は人類は皆等しく同じ能力を持っている。
    決して西洋人だけが偉いのではない。
    たまたま地理的、経済的な諸条件で偶発的に西洋人がのし上がった。
    発展途上国の人々が経済的、政治的、宗教的な制約がなくなれば
    今の所謂文明人の勝るとも劣らない活躍をするだろう。
    文明の進歩とは何か?それを考えさせる一冊だと思います。

  • 今までジャレド・ダイアモンドの著書「銃・病原菌・鉄」「文明崩壊」「昨日までの世界」などを読んできたが、まさにそれらの集大成と言える内容である。

    分子生物学、進化生物学、生物地理学などの知識を駆使し、人間存在の本質に迫る。

    その目的は、現代社会の絶望的な状況を打破し、持続可能なより良い社会を築く事である。
    その為には、一人一人が自らの頭で考え、行動する事が求められているのだ。

全2件中 1 - 2件を表示

文庫 若い読者のための第三のチンパンジー (草思社文庫)を本棚に登録しているひと

文庫 若い読者のための第三のチンパンジー (草思社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

文庫 若い読者のための第三のチンパンジー (草思社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

文庫 若い読者のための第三のチンパンジー (草思社文庫)の作品紹介

ジャレド・ダイアモンド博士が一般向けに書いた最初の著作『人間はどこまでチンパンジーか?』(王立協会科学図書賞受賞作、新曜社)を、より多くの読者に読んでもらうべくダイジェスト。なぜ「人間」はほかの動物とここまで異なるのか? そもそも「人間」とは何か? という大テーマをさまざまな角度から考察。博士の思想のエッセンスがコンパクトに凝縮された一冊が文庫で登場!

文庫 若い読者のための第三のチンパンジー (草思社文庫)はこんな本です

ツイートする