『俺のイタリアン』を生んだ男 「異能の起業家」坂本孝の経営哲学

  • 49人登録
  • 3.24評価
    • (2)
    • (4)
    • (7)
    • (4)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 尾崎弘之
  • IBCパブリッシング (2014年4月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794602749

『俺のイタリアン』を生んだ男 「異能の起業家」坂本孝の経営哲学の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「俺の食」グループを立ち上げた坂本孝の起業物語+尾崎氏による起業解説書。

    まだ「俺の・・・」に入ったことが無かったが、これは早く行かねば!

  • ブックオフ・稲森和夫の話が多く、もっとイタリアンの展開など掘り下げてほしい。レイアウトはマツキヨを参考、20ヶ月で一流の料理人を育成、「安い給料でも我慢して有名店で働く」「独立してリスクを負って店を経営する」以外の料理人の夢「他店より忙しいが、その分給料も良い」第三の選択肢をシェフに提供、社員500人の6割が正社員で15%の40人が執行役員で役割と裁量を与えて人材を使いこなすのがポイント。「いきなりステーキ」とは関係なかった。

  • 俺のイタリアン等の俺のシリーズのレストランを運営している俺の株式会社の社長である坂本孝の話。坂本が非常にユニークだということは分かるが、内容が今一つ面白くなかった。

  • 坂本社長の魅力に打ちのめされてしまった。
    長い間の慣習でも「何故?」と考え続ければ、新しい波を起こせるんだ。

  • 前半、他のビジネス事例や経営理論を多用し過ぎていて、かえってフォーカスがぶれている感があったが、後半は「俺の〜」戦略にフォーカスしていて良かった

  • 東2法経図・開架 KW/2014//K

全6件中 1 - 6件を表示

尾崎弘之の作品

『俺のイタリアン』を生んだ男 「異能の起業家」坂本孝の経営哲学に関連するまとめ

『俺のイタリアン』を生んだ男 「異能の起業家」坂本孝の経営哲学はこんな本です

『俺のイタリアン』を生んだ男 「異能の起業家」坂本孝の経営哲学を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

『俺のイタリアン』を生んだ男 「異能の起業家」坂本孝の経営哲学を本棚に「積読」で登録しているひと

『俺のイタリアン』を生んだ男 「異能の起業家」坂本孝の経営哲学の作品紹介

前代未聞の『俺のシリーズ』を稼働させる両輪-技術・人・組織・社会を変える新しいアイディアによって新たな価値を創造する、坂本孝のイノベータDNAとは?利他主義、愛情・夢の付与、裁量の付与という坂本経営哲学とは?

『俺のイタリアン』を生んだ男 「異能の起業家」坂本孝の経営哲学のKindle版

ツイートする