スパイスが変えた世界史―コショウ・アジア・海をめぐる物語

  • 11人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Edith Huyghe  Fran〓@7AB7@cois‐Bernard Huyghe  藤野 邦夫 
  • 新評論 (1998年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794803931

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

スパイスが変えた世界史―コショウ・アジア・海をめぐる物語の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • "スパイス(香料)"という視点から見た大航海時代。
    東洋の富への憧れから、欧州諸国による大航海時代が始まりましたが、最も強い動機は金銀や絹よりもスパイスだった!?
    スパイスそのものについての詳しい話は無く、スパイスを求めて商人や冒険家たちがインド(「アジア」とほぼ同義語)やカタイ(中国)を目指した努力が語られています。
    前半はイスラムとも上手く付き合ったヴェネチアの地中海貿易、後半はエンリケ航海王子のポルトガルによる大航海時代の新ルート開拓。
    十字軍の戦い、プレスター・ジョンの伝説、マルコ・ポーロやコロンブスらの旅も、スパイスという視点から描かれています。
    中東のイスラム勢力が大きな障害となってスパイスが入手しにくく、それ故にアフリカを迂回してアジアへ向かう海路の探求こそが、大航海時代の原動力だった。

    ただし、誤植が多いのが難点ですね(^O^;
    著者はフランスの歴史家フェルナン・ブローデルから多大な影響を受けたらしく、本書でも随所にその歴史観が記されていますが、そのせいか幾分回りくどい言い方も多いですw

    ニン、トン♪

  • 西洋と非西洋の交易史。題名にスパイスとあるが、香辛料だけでなく様々な交易品や交易手段について論じる。香辛料は西洋の非西洋(東洋)との交易に関するモチベーションであった。時期的にはオランダ東インド会社設立まで。巻末の年表が、東西交易史を概括するのに詳しい。

全2件中 1 - 2件を表示

スパイスが変えた世界史―コショウ・アジア・海をめぐる物語を本棚に登録しているひと

スパイスが変えた世界史―コショウ・アジア・海をめぐる物語を本棚に「読みたい」で登録しているひと

スパイスが変えた世界史―コショウ・アジア・海をめぐる物語を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スパイスが変えた世界史―コショウ・アジア・海をめぐる物語を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スパイスが変えた世界史―コショウ・アジア・海をめぐる物語はこんな本です

ツイートする