「昔はよかった」と言うけれど: 戦前のマナー・モラルから考える

  • 220人登録
  • 3.50評価
    • (5)
    • (25)
    • (19)
    • (7)
    • (0)
  • 29レビュー
著者 : 大倉幸宏
  • 新評論 (2013年10月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794809544

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
エラ・フランシス...
トマ・ピケティ
ジャレド・ダイア...
佐々木 圭一
朝井 リョウ
有効な右矢印 無効な右矢印

「昔はよかった」と言うけれど: 戦前のマナー・モラルから考えるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いつの時代でも
    優れた人物はおり
    哀しいけれども
    馬鹿もいる

    全てが
    すばらしかったり
    全てが
    愚かであったり
    することは
    ありえない

    ちょっと考えれば
    わかりそうなことだけれど
    どうも そう思いたくないのも
    「人」の性なのかもしれない

    それにしても
    よくぞ ここまで 綿密に調べ上げられた
    と 思います
    断片的には いくつかの事例を
    なんとなく知っていましたが
    ここまで しっかり提示してくれたものは
    (私の中で)本書が初めてです

    今に生きる私たちが
    心掛けたいこと
    考えなければならないこと
    そんなヒントを
    たっぷりいただきました

  • 暇つぶしに最適。勉強にもなる。最近の電車のマナーは非常にいいと思います(昭和以前比較)

  • いつまでも「昔はよかった」って年寄りは言い続けるんだろうと思う。
    自分たちの若かりし頃ってそんなに良かったか?
    今、定年間近の諸先輩をみていると「お前らがろくでもないことしてたから、今とんでもない方向に向かってるんじゃないの?」と聞いてみたくなる。

  • 列車に乗るときは割り込み当たり前で、乗ったあとはゴミを散らかし放題。道路や川にゴミを放る、郵便を送れば途中で抜き取られる、果ては子殺し親殺し。いったいこの国のモラルはどうなってんだ! というのは外国の話ではなく、昭和一桁から戦前くらいまでの日本の話。「戦後、モラルが崩壊した」とか阿呆なことを言っている政治家の口に突っ込んで黙らせてやりたい実例が多々紹介されている。とくに、家庭での「しつけ」が諸外国に比べあまあまで、とくに「他人の子供を公共の場でしからない」ことが問題視されていたというのは発見。教育勅語も「しつけ」がなってなかったから当たり前のことをクドクドしく書いてあるものだったんだなぁ。

  • 電車内・公園でのふるまい、職業上の恥ずべき行為、児童・老人虐待・・・当時の新聞の投書などから探る。いずれも今の方がはるかにマシなほど酷い罪状が並ぶ。しかもどの時代も「昨今悪くなった」と感じているその繰り返しが凄い!井上哲次郎の「我が国体と国民道徳」の中で戦後の風潮を嘆く声が、第1次大戦後であることはビックリ!「日本人のマナーは昔から良くなかった」とここまで主張されることは何の意味があって!という気持ちを持ちつつ、最後まで読み、「古きよき時代」、「修身教育」の復古主義への反対として語られていることに納得。警戒を怠らないようにしなくては。とはいえ日本人の道徳観の低さは寂しい限り。

  • それでも人は、この台詞が好きなんだろうね。

  • とても興味深い。
    ただ、読み物として楽しむには、かたい。

  • 船橋図書館

  • 面白い。何となくそうなんだろうなと思っていたけど、よく調べられていて興味深く読めた。
    一部だけを比較すると、昔の日本は、まるで今の中国のように見えるね。
    何でもそうだけど、感覚的な内容(特にあやふやな場合)だけでなく、それを裏付けるデータを示すことが大切だよね。

  • 帯文:”戦前にも存在した!席を譲らない若者、社内で化粧する女性、子供や老いた親を虐待する人たち”

    もくじ:まえがき、序章 道徳が崩壊した戦後の日本、第1章 駅や車内は傍若無人の見本市、第2章 公共の秩序を乱す人々、第3章 誇りなき職業人たちの犯罪、第4章 繰り返されてきた児童虐待、第5章 すでに失われていた敬老の美風、第6章 甘かったしつけと道徳教育、終章 道徳の崩壊はいつはじまったのか? あとがきにかえて、参考文献一覧

全29件中 1 - 10件を表示

「昔はよかった」と言うけれど: 戦前のマナー・モラルから考えるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「昔はよかった」と言うけれど: 戦前のマナー・モラルから考えるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「昔はよかった」と言うけれど: 戦前のマナー・モラルから考えるを本棚に「積読」で登録しているひと

「昔はよかった」と言うけれど: 戦前のマナー・モラルから考えるの作品紹介

戦前の日本では、家庭で厳しいしつけがなされ、学校で修身が教えられ、みんなが高い道徳心を身に付けていた。しかし、戦後そうした美徳が失われ、今や日本人のマナー・モラルは完全に崩壊してしまった」
 今日の日本で、道徳に反するような事件や出来事が起きるたびに、こうした言葉があちこちで聞かれます。ジャーナリスト、作家、政治家など、さまざまな立場の人が、あたかも常識であるかのごとく昔を美化し、今を否定する論理を展開します。これに疑問を呈する声はあまり聞かれません。
 しかし、多くの人が信じているこの言説は、実はまったくの誤解だったと言えます。本書は、こうした「常識」の誤りを明らかにし、戦前の日本人の道徳はいかなる状態だったのか、あまり知られていない歴史の側面を当時の新聞や書籍、統計データなどの資料をひもときながら紹介していきます。
 たとえば、列車の中で高齢者らに席を譲らない若者、車内で化粧をする女性、道路や公園にゴミを捨てていく人、偽造したラベルを貼り付けた食品を売る商人、子どもを虐待する親、老いた親を虐待する子ども……。今日、日本人の道徳低下の事例として取り上げられるこうした振る舞いは、実は戦前の日本にも当たり前のように存在していたのです。
 本書では、上記のような事例を中心に具体的な考察を展開しています。ただし、一概に「昔の日本人は道徳心が欠如していた」ということを主張するものではありません。道徳の問題には、その当時の時代背景や社会システムなどさまざまな要素が絡んでいますので、今日の基準で単純に良し悪しを判断できるものではありません。この点を踏まえたうえで、本書はより客観的な視点から道徳問題の本質に迫っていきます。さらに、今日起きているさまざまな社会問題をどう捉えるべきかについても、一つの視座を提示します。(おおくら・ゆきひろ)

「昔はよかった」と言うけれど: 戦前のマナー・モラルから考えるはこんな本です

ツイートする