スウェーデンの小学校社会科の教科書を読む: 日本の大学生は何を感じたのか

  • 30人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : G¨oran Svanelid  鈴木 賢志  明治大学国際日本学部鈴木ゼミ 
  • 新評論 (2016年12月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794810564

スウェーデンの小学校社会科の教科書を読む: 日本の大学生は何を感じたのかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 非常に読みやすい本でした。小学校の教科書が出た後にこの作者のゼミの学生さんの対話が載ってあり、どのように感じて考えたのかを述べてあるので、そんな考え方もあるのかと読みながら感心しました。
    そして日本との違いやまた他の事柄との比較も非常に多く、こんな違いがあるんだなと思いました

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
古市 憲寿
小川 洋子
有効な右矢印 無効な右矢印

スウェーデンの小学校社会科の教科書を読む: 日本の大学生は何を感じたのかを本棚に登録しているひと

スウェーデンの小学校社会科の教科書を読む: 日本の大学生は何を感じたのかを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スウェーデンの小学校社会科の教科書を読む: 日本の大学生は何を感じたのかを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スウェーデンの小学校社会科の教科書を読む: 日本の大学生は何を感じたのかを本棚に「積読」で登録しているひと

スウェーデンの小学校社会科の教科書を読む: 日本の大学生は何を感じたのかの作品紹介

2016年7月の参議院議員選挙は、投票年齢が18歳に引き下げられた初の国政選挙ということで、若者の政治意識に大きな社会的関心が寄せられました。その結果、10代の投票率は46.8%と、全体の投票率(54.7%)に比べてもまずまずと言えますが、騒がれたわりには低い投票率であったことに危機感を覚えた人も多いことでしょう。
 かたや北欧のスウェーデンの選挙においては、全体の投票率は85.8%、若者(30歳未満)の投票率も81.3%に達しています。この彼我の差はいったい何なのでしょうか。スウェーデンの小学校で使われている社会科の教科書には、それを考えるヒントがたくさん書かれています。
 例えば、「社会には法律や規則があって、私たちはそれに従わなければならない」という当たり前のことに続いて、「しかし、すべての社会は変化するので、法律や規則は変わるものであり、自分がそれを変えたいと思えば、そのように努力すべきである」と書かれているのです。
 また「メディア」の章では、メディアは他人の情報を得るための道具としてよりも、人々が自らの情報を発信するための道具、すなわち「民主制の道具」であると述べます。一例を挙げると、学校のカフェや遊び場が閉鎖されそうになれば、メディアを利用して賛同者を集め、地元新聞に投書し、政治家に会い、デモによって意思表示をするように促しているのです。
 こうした内容について、「それはすごい!」とか「いや、行き過ぎでしょう」と、様々な意見が出てくることでしょう。それでは、日本の若者たちはこれを読んだ時、どのように思うのでしょうか? 本書では、編訳者が所属している明治大学のゼミ生たちの感想も紹介しています。スウェーデンの教科書に対する彼らのコメントから、今を生きる日本の若者の政治や社会に対する意識が垣間見えてきます。さて、あなたは……。

スウェーデンの小学校社会科の教科書を読む: 日本の大学生は何を感じたのかはこんな本です

ツイートする