世界のかなたの森 (ウィリアム・モリス・コレクション)

  • 35人登録
  • 3.91評価
    • (1)
    • (8)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 小野 二郎 
  • 晶文社 (2003年7月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794916990

世界のかなたの森 (ウィリアム・モリス・コレクション)の感想・レビュー・書評

  • 昔から口頭で伝承されてきている物語とか、そういう雰囲気。無駄に語らないところがいい。

  • ウィリアム・モリスが残してくれた中編ファンタジーです。彼の作品は初めてですが、とても楽しく、ワクワクして読みました。一読して、ラファエル前派のバーン・ジョーンズと友人だった理由がわかります。価値観や趣味が一緒ですね。擬古文だそうですが、物語の構造も擬古的ですね。千一夜物語の語りぶりを連想しました。

  • ファンタジー。
     主人公のウォルターは結婚に失敗。故郷をあとにする。
     彼は魔性の女王、侍女、小人の幻を幾度か見、それに興味をそそられる。
     彼を誘惑する女王。彼を助けようとする侍女。

     これの見所は女王と侍女の関係。まるでSMレズを思わせる。
     裸にして鞭で打ったりとか。なんか凄くよこしま。
     ウォルター以外は名前がなかなか出てこない。
     ウォルターの妻になる侍女は、侍女という呼ばれ方のまま。
     2作しか読んでないが、モリスの主人公は常に賢い娘に導かれて危機を脱する。

  • [ 内容 ]
    未知の世界をもとめて、若者ウォルターは故郷ラングトンを後にした。
    旅立ちの前に波止場でふと目にした、美しい貴婦人と乙女と小人―謎の三人連れの幻が心に焼きついて離れない。
    やがてウォルターは妖しい糸にたぐりよせられるように、「地の裂け目」から不気味な森に踏みこんでゆく。
    騎士物語の冒険と栄光、妖精譚の魅惑と神秘をみごとに結びつけた、ファンタジー文学の古典的名作をモリス研究の第一人者の翻訳でおくる。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 図書館で発見!ずっと読みたかった本。でも、十年以上図書館にあって、今までに借りた人が私しかいないのって…寂しい。名作なのに。

全5件中 1 - 5件を表示

世界のかなたの森 (ウィリアム・モリス・コレクション)の作品紹介

未知の世界をもとめて、若者ウォルターは故郷ラングトンを後にした。旅立ちの前に波止場でふと目にした、美しい貴婦人と乙女と小人-謎の三人連れの幻が心に焼きついて離れない。やがてウォルターは妖しい糸にたぐりよせられるように、「地の裂け目」から不気味な森に踏みこんでゆく。騎士物語の冒険と栄光、妖精譚の魅惑と神秘をみごとに結びつけた、ファンタジー文学の古典的名作をモリス研究の第一人者の翻訳でおくる。

世界のかなたの森 (ウィリアム・モリス・コレクション)のペーパーバック

世界のかなたの森 (ウィリアム・モリス・コレクション)のペーパーバック

世界のかなたの森 (ウィリアム・モリス・コレクション)のKindle版

ツイートする