死を呼ぶペルシュロン (晶文社ミステリ)

  • 21人登録
  • 2.71評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
制作 : 今本 渉 
  • 晶文社 (2004年4月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794927415

死を呼ぶペルシュロン (晶文社ミステリ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  ペルシュロンとは何ぞやと思ったら、馬の種類なのだった。この大型種が殺人現場に忽然と現れていて、それで死を呼ぶというわけだ。タイトルの意味はそれでわかったが、この馬が重大な手がかかりになるとかストーリーにからんでくるということが全くなく、単なる飾り物でしかないというのが謎だ(笑)。精神科医マシューズのところに奇妙な体験談を語る患者が訪ねてきて、それを確かめるために同行したところ、事件に巻き込まれて記憶喪失に陥り、その間に殺人事件が連続して疑われたりした挙句、なんとか記憶を取り戻してすべての事件が解決する、という奇妙なストーリーだ。事件も馬もどうということはなく、読みどころは翻弄されるマシューズが少しずつアイデンティティを取り戻してゆく過程で、これはなかなか波乱万丈で興に富んでいる。ミステリというよりサスペンスというべきだろうな。

  • 2016 3.15

全3件中 1 - 3件を表示

死を呼ぶペルシュロン (晶文社ミステリ)の作品紹介

「先生、俺、きっと頭が変なんです」-精神科医マシューズの診察室に現れた青年は、真っ赤なハイビスカスを髪に挿していた。そうしていると小人が一日十ドルくれるというのだ。青年の話に興味を惹かれたマシューズは、彼と同行してその小人に会いに行くが、やがて自身、悪夢のような事件に巻きこまれてしまう。異色傑作『悪魔に食われろ青尾蠅』で本邦でも注目を集めたバーディンの、奇抜な設定と破天荒なプロット、心理的恐怖が際立つ第一作。

死を呼ぶペルシュロン (晶文社ミステリ)はこんな本です

死を呼ぶペルシュロン (晶文社ミステリ)のペーパーバック

死を呼ぶペルシュロン (晶文社ミステリ)のKindle版

死を呼ぶペルシュロン (晶文社ミステリ)のペーパーバック

ツイートする