ヨルダン川西岸―アラブ人とユダヤ人 (双書・20世紀紀行)

  • 12人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : David Grossman  千本 健一郎 
  • 晶文社 (1992年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794928344

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ヨルダン川西岸―アラブ人とユダヤ人 (双書・20世紀紀行)の感想・レビュー・書評

  • 罪の意識はユダヤ人の子供たちにしか出てこない。平和への憧れも夢には出てこない。
    まず第一級市民としてのユダヤ人がいる、次がエチオピアから来たユダヤ人、次にベドウィン、バルタア人、最後がアラブ系イスラエル人である。

  • 書き手はユダヤ人だが、アラブ人たちへのインタビューからこの地域の置かれている状況を明らかにする。モザイク状に入り込む民族、宗教と、それを治めようとする政治。複雑に絡み合い、一つ一つの真実が解決の道のりの遠さを改めて浮き彫りにする。

全2件中 1 - 2件を表示

ヨルダン川西岸―アラブ人とユダヤ人 (双書・20世紀紀行)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ヨルダン川西岸―アラブ人とユダヤ人 (双書・20世紀紀行)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヨルダン川西岸―アラブ人とユダヤ人 (双書・20世紀紀行)の作品紹介

1967年の第3次中東戦争以後、イスラエル占領下にあるヨルダン川西岸地区。1987年、アラブ人とユダヤ人が最も激しく対立するこの地に、イスラエルの作家グロスマンは分け入った。難民キャンプ、ユダヤ人入植地、イスラエルとヨルダンに分断されてきた村-。ユダヤ人としての自らの存在を問いつつ、占領地に生きる人びとの怒り、絶望、狂信をありのままに綴り、中東問題、民族問題の核心に迫る渾身のルポルタージュ。

ヨルダン川西岸―アラブ人とユダヤ人 (双書・20世紀紀行)はこんな本です

ヨルダン川西岸―アラブ人とユダヤ人 (双書・20世紀紀行)のペーパーバック

ヨルダン川西岸―アラブ人とユダヤ人 (双書・20世紀紀行)のペーパーバック

ヨルダン川西岸―アラブ人とユダヤ人 (双書・20世紀紀行)のペーパーバック

ツイートする