サウンドの力―若者・余暇・ロックの政治学

  • 21人登録
  • 3.29評価
    • (1)
    • (1)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 細川 周平  竹田 賢一 
  • 晶文社 (1991年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (359ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794960269

サウンドの力―若者・余暇・ロックの政治学の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • すべてはここから始まった。ポピュラー音楽研究する人はここを通らなければならない。

全1件中 1 - 1件を表示

サウンドの力―若者・余暇・ロックの政治学の作品紹介

ポップ・ミュージックは国や文化の境界を超えた。50年代のプレスリー、60年代のビートルズ、70年代のアバ…。ロックは社会にどのような影響をもたらしたのか?ミュージシャンと聴衆。レコード市場の経営とメディア・タイアップ。若者とセクシュアリティ…。ロック-このとらえがたい重層性をもつメディアを、あらゆる側面から徹底的に分析する。大衆文化の解明に新しい視点を提示した、いまや古典ともいうべき名著。

サウンドの力―若者・余暇・ロックの政治学はこんな本です

ツイートする